株式会社アシストリンク

便利屋!お助け本舗


「便利屋!お助け本舗」の サービス詳細、具体的な仕事内容など

便利屋!お助け本舗は、お客様の困りごとを何でも解決する便利屋です。
全国で230店舗を展開しており、現在も全国でフランチャイズ加盟店を募集しています。
今回は、便利屋!お助け本舗のフランチャイザーとしてのサービスの詳細や、具体的な仕事内容、契約金などをご紹介します。

便利屋!お助け本舗のフランチャイズサービス

便利屋!お助け本舗は随時フランチャイズ加盟店を募集しています。
現在、晩婚化や少子高齢化の影響を受け、日常のささいな困りごとを解決できない方が
増えてきています。
便利屋!お助け本舗に求められる仕事も直近の3年間で5倍にも増えています。
更に、依頼内容も多岐にわたるため、便利屋!お助け本舗では人手が足りず、約65%の依頼にしか対応できていない状況です。
そのため、便利屋!お助け本舗では常にフランチャイズ加盟店を募集しています。
説明会は随時行っており、個別の対応をしてくれます。
フランチャイズ加盟店の多くが1人から開業し、1人でできない作業は
近隣の協力店に協力をお願いすることもできます。
研修制度を設けたり、本部が24時間体制で運営していたりと、柔軟なサポートを行ってくれます。
このように、便利屋!お助け本舗はフランチャイズ加盟店へのサポートが
充実したフランチャイザーと言えるでしょう。

加盟までの流れ

便利屋!お助け本舗のフランチャイズ加盟店として、独立開業するまでの
流れは以下のとおりです。
1.お問合せ
2.詳細説明
3.審査
4.契約
5.研修
6.開業準備
7.開業

便利屋!お助け本舗加盟店の仕事内容

便利屋!お助け本舗の加盟店としての仕事は、簡単な代行業務です。
ありとあらゆる日常の困りごとに対応するお仕事なので、お客様の要望によって、依頼内容は多岐に渡ります。
例えば、家具の移動や引っ越しのお手伝いなどの力仕事から、お掃除や買い物の代行などの家事代行も行います。
その他、事務仕事やパソコン仕事の代行なども行います。
近隣の加盟店との協力体制が整っているため、自身だけでは
対応できない場合でもすぐに協力をお願いすることができます。

便利屋!お助け本舗加盟店になるための契約金

便利屋!お助け本舗の初期費用は約98万円です。
無店舗・無在庫で開始することのできる事業ですので、初期費用を抑えての
開業が可能となります。
その後の必要費用についても明記されており、費用に関しても誠実な
フランチャイザーと言えるでしょう。

・初期費用…約98万円
代理店加盟費:102,857円 (代理店加盟費用)
開業実務研修費:71,999円 (3日間の代理店開業実務研修・営業研修費用)
販売・書類一式:802,285円 (ホームページ制作、必要書類一式、制服一式等)

・月額費用
商標使用料:51,428円 (月額固定)

このフランチャイズの公式Webサイト

このサービスのおすすめポイント

『便利屋!お助け本舗』は全国で200店舗以上展開している便利屋のフランチャイズです。

実業務は家具の移動や引っ越しのお手伝いなどの力仕事から、掃除や買い物の代行、事務仕事やパソコン仕事の代行など、依頼内容は多岐にわたります。

便利屋のフランチャイズはたくさんありますが、『便利屋!お助け本舗』が他と違うのは高い受注率です。他の便利屋の受件率が16%前後に対し、『便利屋!お助け本舗の受件率』は驚異の93%。他の便利屋の5.8倍の数値です。

既に人気があり、高い受注率を誇るため安心して取り組めますし、さらに無店舗・無在庫なので固定費をおさえることが可能です。

また、人手が必要な依頼や業務が重なった場合などは本部や他の加盟店から協力を得る事ができます。



筆者

株本祐己(かぶもとゆうき)

StockSun株式会社代表取締役
早稲田大学時代にフランチャイズ系WEBメディアを立ち上げ、100社以上のFC加盟店開発を支援。
その後、大手コンサルティングファームを経て独立。
現在は、サービス業を中心にフランチャイズ本部のマーケティングを支援。

フランチャイズ一覧へ戻る