「e品整理」の サービス詳細、具体的な仕事内容など

e品整理は、遺品整理回収サービスを取り扱い、全国にフランチャイズ展開しています。
高齢化に伴い、年々市場が拡大しているサービスです。
今回は、e品整理のフランチャイザーとしてのサービスの詳細や、具体的な仕事内容、契約金も含めてご紹介します。

e品整理のフランチャイズサービス

e品整理では、随時フランチャイズ加盟店を募集しています。
遺品整理回収は、高齢者のみの世帯や一人暮らしの高齢者の増加により、今後もニーズが高まることが予想されるサービスです。
e品整理は、時代の変化や要求を先取りし高品質なサービスを提供することをモットーとしています。
また、遺品整理で回収した衣類や書籍を寄付するなど、社会貢献活動にも力を入れています。
e品整理では、フランチャイズサービスを広く展開することで、より地域に密着したサービスの提供を目指しています。

e品整理の独立開業サポート

e品整理では、フランチャイズ加盟店に対して、独立開業前後に手厚いサポート体制を整えています。
開業前の研修では、座学5日間・現場5日間の10日間行われ、独立開業に向けてしっかりと教育してもらえます。
また、e品整理ではフランチャイズシステムがしっかりしており、商標の使用やマニュアル、運営サポートなど本部による支援を行っています。
さらに、エリアフランチャイズというしくみでエリア管理も行っており、効率的な経営が可能となります。
このように、e品整理はしっかりとしたフランチャイズシステムを構築し、運営を行っているフランチャイザーです。

e品整理フランチャイズ加盟店としての仕事内容

e品整理のフランチャイズ加盟店としての仕事内容は、遺品整理回収サービスを提供することです。
e品整理のフランチャイズ加盟店には、物流・人材派遣など元々各業種のノウハウを持った企業も加盟しているため、その業者と連携することで低価格で効率的にサービスを提供することができます。
こうしたフランチャイズ加盟店同士の相互連携により、個人で独立開業しても安心して運営を行っていくことが可能です。

e品整理の加盟店になるための契約金(費用)

e品整理のフランチャイズ加盟店となるための開業資金などの費用についてご紹介します。
独立開業型と法人新規事業型の2タイプに分かれています。

独立開業型のプラン

・加盟金:50万円
・教育訓練費:10万円
・開店時販促宣伝費:10万円

法人新規事業型のプラン

・加盟金:200万円
・教育訓練費:30万円
・開店時販促宣伝費:20万円

このフランチャイズの公式Webサイト

このサービスのおすすめポイント

『e品整理』は全国に展開している遺品整理回収フランチャイズです。

特徴は「手厚い研修」と「ワンストップサービス」の2点。

『e品整理』では、開業前に座学5日間・現場5日間の研修が計10日間行われ、独立開業に向けた教育がしっかりと行われます。
また、本社からマニュアル支給・運営サポートをいただけるので開業後も安心して取り組むことが可能です。

最大の特徴は、各企業がフランチャイズパートナーとして遺品整理回収に参加・連携している「ワンストップサービス」でしょう。

お客様から依頼があると、本来は人材派遣や物流業者・引っ越し業者・レンタカー業者への連絡及び業務の委託が必要になります。
しかし、『e品整理』の場合はフランチャイズパートナーに業務を依頼するため、低コストかつ速いスピード感で依頼ができます。



筆者

株本祐己(かぶもとゆうき)

StockSun株式会社代表取締役
早稲田大学時代にフランチャイズ系WEBメディアを立ち上げ、100社以上のFC加盟店開発を支援。
その後、大手コンサルティングファームを経て独立。
現在は、サービス業を中心にフランチャイズ本部のマーケティングを支援。

フランチャイズ一覧へ戻る