フランチャイズサービス「リリーフ」の詳細、具体的な仕事内容など

リリーフは、遺品整理・生前整理などのサービスを取り扱い、全国にフランチャイズ展開しています。
高齢化や核家族化の進行により、年々市場が拡大しているサービスです。
今回は、リリーフのフランチャイザーとしてのサービスの詳細や、具体的な仕事内容、契約金も含めてご紹介します。

フランチャイズサービス「リリーフ」の概要

リリーフでは、随時フランチャイズ加盟店を募集しています。
遺品整理や生前整理など、様々な事情により作業が難しい方に代わって、専門業者としておかたづけのサポートを行っています。
また、事務所や店舗などを用意する必要がなく、特別な設備やスキルも必要ないため、初心者の方でも独立開業しやすいサービスとして注目されています。
なかでもリリーフは、本部に年間3,000件近く問い合わせがきており、本部からの仕事紹介も多く行われているので、経営面でも安心のフランチャイズサービスです。

フランチャイズサービス「リリーフ」の独立開業サポート

リリーフでは、独立開業前後に研修や営業指導、セミナー開催などのサポートを行っています。
開業前の研修では、現場での見積もりの仕方や実地研修を含めて、12日間しっかりと教えてもらうことができます。
開業後にも、経験豊富な本部のスーパーバイザーによる指導を、継続して受けることが可能です。
また、本部として仕事の紹介や、不用品処分代軽減のためのサポートも行っており、リリーフは支援が充実しているフランチャイザーといえます。
初心者の方でも安心して独立開業することができます。

フランチャイズサービス「リリーフ」加盟店としての仕事内容

リリーフのフランチャイズ加盟店としての仕事内容は、遺品整理・生前整理などのおかたづけサービスを提供することです。
作業の流れとしては、形見品と不用品の仕分けを行い、運び出しと不用品の処分、清掃をまとめて引き受けます。
高齢化などの社会の変化に伴い、ニーズが高まっている事業なので、困っている人の役に立つやりがいのある仕事といえます。

フランチャイズサービス「リリーフ」の加入募集地域

マエストロサービスが加入募集をしている地域は主に3大都市圏、
東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・大阪府・兵庫県・京都府・愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・福岡県で募集を行っているようです。

フランチャイズサービス「リリーフ」の加盟店になるための契約金(費用)

リリーフ加盟店として独立開業するための開業資金などの費用についてご紹介します。
加盟金の有無で2つのプランがあるので、経営計画に応じてどちらがいいか選ぶことができます。

加盟金なしのプラン

・加盟金:なし
・開業前研修費:30万円(1人)※分割払い可
・ユニフォーム費:6万円
・名刺・備品等:6万円
・本部紹介案件の手数料30%
 

加盟金ありのプラン

・加盟金:50万円
・開業前研修費:30万円(1人)※分割払い可
・ユニフォーム費:6万円
・名刺・備品等:6万円
・本部紹介案件の手数料20%

このフランチャイズの公式Webサイト

このサービスのおすすめポイント

『リリーフ』は遺品整理・生前整理などのサービスを取り扱っている全国展開のフランチャイズです。遺品整理は日本の少子高齢化や核家族化が進むにつれ市場が年々拡大している、注目の業界です。

さらに、店舗や事務所を構える必要のない「無店舗開業」のため、低い固定費で低リスク開業が可能。

初心者や未経験の方でも、以下のような本部の手厚いサポートを受けて安心して独立することができます。

  • 現場での見積もり方法や営業指導など12日間の研修
  • 定期的なセミナーの開催
  • 経験豊富な本部のスーパーバイザーによる継続的な指導

また、本部が積極的にWEB集客、展示会、セミナーなどを通じて顧客を開拓してくれるため、継続的な案件獲得が期待できます。

『リリーフ』は加盟金あり・なしで本部紹介案件の手数料が変動する仕組み。長期的に取り組まれる予定の方は「加盟金あり」の方が利益率が高くなります。



筆者

株本祐己(かぶもとゆうき)

StockSun株式会社代表取締役
早稲田大学時代にフランチャイズ系WEBメディアを立ち上げ、100社以上のFC加盟店開発を支援。
その後、大手コンサルティングファームを経て独立。
現在は、サービス業を中心にフランチャイズ本部のマーケティングを支援。

フランチャイズ一覧へ戻る