「ビカンテック」の サービス詳細、具体的な仕事内容など

ビカンテックは、全国に100店舗以上の加盟店をもち、清掃ビジネスのフランチャイズサービスを展開しています。
今回は、ビカンテックのフランチャイザーとしてのサービスの詳細や、具体的な仕事内容、契約金も含めてご紹介します。

ビカンテックのフランチャイズサービス

ビカンテックでは、随時フランチャイズ加盟店を募集しています。
平日・土日に全国各地で説明会を開催しており、さらに電話による個別相談も受け付けています。
研修も充実しており、独立開業前に洗浄方法だけでなく、洗浄剤に関する専門知識、営業方法に至るまで丁寧に教えてくれます。
独立開業後も、質問や悩み・相談に対してアドバイスなどをしてくれます。
このように、ビカンテックは加盟店に対して手厚いサポート体制を整えているフランチャイザーといえます。

加盟までの流れ

ビカンテックのフランチャイズ加盟店として、独立開業するまでの流れは以下のとおりです。
1.資料請求
2.面談
3.研修
4.営業開始

ビカンテック加盟店としての仕事内容

ビカンテック加盟店としての仕事内容は、一般住宅から大型建物などあらゆる建物の屋内外をクリーニングすることです。
ただ、よくあるハウスクリーニングとは違い、「ビカン工法」という独自の施工方法で初心者でも簡単に施工することができるようになっています。
そのため、特別な技術もいらず、独立開業前にしっかりと研修で施工方法を教えてもらえるので、安心して独立開業することができます。
また、その独自の高い洗浄技術により、営業もその洗浄の実演を行うだけで納得してもらえ、営業力を問われないのもビカンテックの特徴の1つといえます。

ビカンテックの加盟店になるための契約金

ビカンテックのフランチャイズ加盟店には、「代理店」と「特約店」の2種類あります。
それぞれの特徴と契約金などをご紹介します。

ビカンテック代理店

ビカンテックの「代理店」とは、人口10万人に対して最大1社置き、その地域を管轄する役割の1次店として配置される店舗です。
「代理店」の契約金は以下のとおりです。
・加盟金:100万円(契約時1回のみ)
・研修費:5万円(契約時1回のみ、1名追加ごと5,000円)
・月会費:1万円(契約翌月より毎月)
 

ビカンテック特約店

ビカンテックの「特約店」とは、「代理店」がある地域ではその傘下となり、地域に「代理店」がない場合はビカンテック本部の傘下となる加盟店です。
「特約店」の契約金は以下のとおりです。
・加盟金:30万円(契約時1回のみ)
・研修費:5万円(契約時1回のみ、1名追加ごと5,000円)
・月会費:5,000円(契約翌月より毎月)

このフランチャイズの公式Webサイト

このサービスのおすすめポイント

ビカンテックは全国に100店舗以上の加盟店を持つ、清掃サービスのフランチャイズです。

他の清掃フランチャイズと異なるのは、「ビカン工法」という独自の施工技術を有している点。塗るだけで壁・床・木材などの内部に特殊洗剤を浸透させる工法で、初心者でも簡単に汚れを除去できます。

顧客としてもひと目で効果がわかるため、特段と高い営業力が必要になるわけでもありません。開業前の研修もしっかりしているので、安心して独り立ちできるでしょう。

ビカンテックで独立開業する魅力は、営業先の幅の広さです。
一般住宅はもちろん、公共施設、店舗など汚れ周りで悩んでいる顧客は多く、大きなビジネスチャンスが広がっています。

また、自宅で開業できるため少ない資金で収益性の高いビジネスが実現できるでしょう。



筆者

株本祐己(かぶもとゆうき)

StockSun株式会社代表取締役
早稲田大学時代にフランチャイズ系WEBメディアを立ち上げ、100社以上のFC加盟店開発を支援。
その後、大手コンサルティングファームを経て独立。
現在は、サービス業を中心にフランチャイズ本部のマーケティングを支援。

フランチャイズ一覧へ戻る