ダイキチカバーオール株式会社

COVERALL(カバーオール)


「COVERALL(カバーオール)」の サービス詳細、具体的な仕事内容など

COVERALL(カバーオール)をご存知でしょうか。アメリカで設立され、現在では世界11ヶ国に展開している清掃会社です。日本ではダイキチカバーオールがその技術を提供しており、大阪・京都・兵庫・名古屋にあります。ビルやオフィスなどの業務用のクリーニングサービスに特化しています。今回はそんなカバーオールにフランチャイズで独立開業するための情報をご紹介していきます。

COVERALLのサービスとは?

COVERALLのサービスは大きく2つ。
1つ目は、マンションの共用部分やオフィスビル、病院や介護施設等の日常的に汚れのたまりやすい部分をくまなくチェックし掃除を行う「日常清掃」サービス。
もうひとつは、「定期清掃」と言われる、汚れのたまるスピードに合わせた頻度で定期的にクリーニングを行うサービスです。日常清掃ではカバーしきれない部分の汚れも、定期清掃で取り除きます。

COVERALLの具体的な仕事内容はどんなもの?

仕事内容のメインはやはり清掃業務となります。
日常清掃の場合ですと、マンションの駐車場のゴミ拾いやフロアやエレベーターのクリーンング、インターホンや消化器・消火栓の乾拭き(ダスティング)。
また、店舗やビル、病院等の施設では除菌清拭も行います。
定期清掃の場合、業務用の洗浄機材を使用してエアコンの分解洗浄や照明器具のクリーニング、カーペットのシャンプーや床洗浄ワックス等を行います。

COVERALLでフランチャイズ契約する際の条件と契約金は?

COVERALLにフランチャイザーとして加盟する場合、初期費用は最低総額420万円(税抜き)かかります。
独立開業を希望するフランチャイザーの最大の悩みは資金の用意だとおもいますが、COVERALLでは自社ファイナンス制度を導入しているので、自己資金30万円でフランチャイズを始めることができます。
差額をローン返済とすることで、すぐにフランチャイズで開業することが可能です。

COVERALLのフランチャイズは他の清掃会社のフランチャイズとここが違う!

COVERALLのフランチャイズの一番の特徴は、ずばり『売上保証制度』。オーナーが自ら売上保証額を設定することができるので、毎月安定した収入を得ることができます。
フランチャイズで売上保証をしている企業はめったに聞いたことがないのではないでしょうか。
また、営業活動や経営業務はCOVERALL本部が代行してくれるので、オーナーは自身の仕事に専念することができるのです。

COVERALLのフランチャイジーとして独立開業したいなら

大阪・京都・兵庫・名古屋と、開業できる地域は決まっていますが、だからこそCOVERALL(カバーオール)はフランチャイズに手厚いサポートできているとも言えます。
COVERALLへのフランチャイズ加盟が気になったら、ぜひ資料を取り寄せ、疑問や不明点は個別に相談されることをおすすめします。

このフランチャイズの公式Webサイト

このサービスのおすすめポイント

COVERALL(カバーオール)はビルやオフィスなどの業務用のクリーニングサービスを提供しているアメリカ発のフランチャイズ。

主な業務となるのはマンションの共用部分やオフィスビル、病院や介護施設などの日常清掃や定期清掃。業務用の洗浄機材を使用するため多少技術的ですが、約2週間の研修で独立開業できるような環境が整っています。

COVERALL(カバーオール)で開業するメリットは主に3つあります。

  1. 営業は本部が行うため、クリーニング事業に専念できる
  2. 開業時から売上が保証されている
  3. 危険な現場での作業がないため、高齢者でも活躍できる

特に一番のメリットとなるのは、売上が保証されている点でしょう。

多くのフランチャイズは研修制度が充実しているものの、ビジネスを軌道に乗せ安定的な収益を得るのに時間がどうしてもかかってしまうもの。その点、COVERALL(カバーオール)の場合は開業時から売上が保証されるため、安定収入が確約された状態で独立開業できます。

「なるべく低いリスクで開業したい」という方にとって、絶好のフランチャイズと言えるでしょう。



筆者

株本祐己(かぶもとゆうき)

StockSun株式会社代表取締役
早稲田大学時代にフランチャイズ系WEBメディアを立ち上げ、100社以上のFC加盟店開発を支援。
その後、大手コンサルティングファームを経て独立。
現在は、サービス業を中心にフランチャイズ本部のマーケティングを支援。

フランチャイズ一覧へ戻る