無資格/未経験でもできる仕事

無資格・未経験でもオーナーになって独立開業できる

資格もない経験もそれほどない、でも「とにかく、何が何でも、絶対に独立開業したい」という方は、フランチャイズの加盟店になることで、その夢を実現することができます。

フランチャイズと聞くと、コンビニやハンバーガーショップを思い浮かべるかもしれませんが、仕事の種類はそれだけではありません。
意外な仕事からオーソドックスな仕事まで、無資格・未経験で独立開業できてしまうフランチャイズを紹介します。
「これなら自分にもできそう」と思えるものがきっとあるはずです。

また、フランチャイズに加盟するつもりがない方でも、フランチャイズビジネスをみておくと、自分のビジネスモデルを補強することができます。
フランチャイズには独立開業のノウハウがぎっしりつまっているからです。

フランチャイズには独立開業のヒントがある

具体的なフランチャイズを紹介する前に、フランチャイズの仕組みを解説します。
フランチャイズは、個人がフランチャイズ本部に加盟して、独立開業するビジネス形態のことです。加盟者は、開業の仕方、開業に必要な設備、販売する商品、販売方法などの提供を受けることができます。
フランチャイズ本部のなかには、スタッフ確保や開業資金支援、店舗探しまで支援してくれるところもあります。

フランチャイズ本部の企業のことを「フランチャイザー」、加盟する個人のことを「フランチャイジー」「加盟店オーナー」と呼ぶこともあります。

ロイヤリティには注意が必要

加盟店オーナーはフランチャイズ本部から支援を受ける代わりに、ロイヤリティという「利用料のようなもの」をフランチャイズ本部に支払う必要があります。
ロイヤリティの金額は、「(売上高-原価)×何%」という計算式で決めるところがほとんどです。

この計算式をみると、儲ければ儲けるほど、加盟店オーナーがフランチャイズ本部に支払う金額が増えてしまうことがわかります。
フランチャイズを選ぶときは業種だけでなく、ロイヤリティにも注目しましょう。

事業展開リスクは加盟店オーナーが負う

フランチャイズ本部は、フランチャイズ展開することによって、自社の資金やスタッフをあまり使わずに事業を拡大できるメリットがあります。つまり事業拡大リスクを軽減できるわけです。
ということは、加盟店オーナーが事業拡大リスクを負っているともいえるのです。
無資格・未経験でもフランチャイズなら独立開業できますが、事業を軌道に乗せるには「それなりの努力と勉強」は必ず必要になります。

フランチャイズが手を出さないニッチ市場を狙うこともできる

独立開業したい方にフランチャイズを紹介するのは、ビジネスモデルを学ぶ絶好の機会だからです。
企業がフランチャイズ展開しているということは、その市場には多くの顧客がいるということです。ということは、フランチャイズのやり方をアレンジすれば、「まったく新しい自分のビジネス」を展開できるかもしれません。

もちろんフランチャイズ本部は独自のノウハウを蓄積しているので、個人が同じビジネスで挑むのは無謀ですが、しかし「よりニッチな分野」を狙えば生き残れるかもしれません。
それも踏まえ、いくつか業種とフランチャイジーをご紹介しようと思います。

自動車の簡単な修理「トータルリペア」

「トータルリペア」は、自動車の簡単な修理を行うカーリペアのフランチャイズです。東京・新宿に本社がある株式会社TS日本という会社が運営しています。
同社は一応「未経験OK」と言っていますが、やはり自動車に多少詳しい人のほうがいいでしょう。
ただトータルリペアの加盟店は、走らなくなった自動車を走らせたり、大きな事故を起こした自動車を直すわけではないので、「なんとかなりそう」と思えるかもしれません。

仕事の内容

トータルリペアの加盟店オーナーが行う仕事の内容は次のとおりです。
・自動車の内装と外装の修理
・自動車のタイヤのホイールの歪みや傷の補修
・自動車の塗装はがれの補修
・自動車のガラスの傷の補修

トータルリペア加盟店の顧客は、個人やカーディーラーです。自社工場のないカーディーラーもあるので、ここも顧客になるわけです。

トータルリペアの最大の特長は「出張サービス」であるところです。加盟店オーナーは、補修道具を持って顧客のところに行き、その場で補修するのです。
そのため加盟店は事務所や工場を持つ必要がありません。

支援内容と開業資金

トータルリペアに加盟すると、2日間の初期講習と19日間の本部講習を受けることができます。ここで補修技術やサービス知識、営業方法などを習います。
開業資金は300万円ほどです。

個人宅を掃除する「おそうじ革命」

「おそうじ革命」は、自宅の掃除が困難になった高齢者宅などにうかがってハウスクリーニングするサービスです。運営会社は東京都文京区の株式会社KIREI produceです。

同社によると、ハウスクリーニング事業は毎年60%ほど拡大しているそうです。ただ、新規参入も多いのですが、早期に廃業してしまう人・企業も少なくありません。

そこで「おそうじ革命」は「ただの掃除人は育てない。掃除のできる商売人を育てる」というコンセプトを打ち立てています。加盟店オーナーに掃除の仕方を教えるだけでなく、ビジネスも教えるというわけです。

仕事の内容

おそうじ革命の加盟店オーナーの仕事は、荷物が積めるスクーターに乗って顧客宅に行き、掃除をするだけです。掃除道具は、スクーターの荷台に積める程度のものしか使いません。
つまり、おそうじ革命では大規模清掃は行わないのです。

支援内容と開業資金

おそうじ革命では、加盟店オーナーに有料で顧客を紹介するサービスも行っています。このサービスを使えば「開業したけど仕事がない」という状態は回避できそうです。
そして紹介してくれた顧客が次も掃除を発注したら、そのときはもう本部に紹介料を支払う必要はありません。
開業資金は約200万円です。

中古品買取専門店「大吉」

中古品市場やリユース業界はいま、とても勢いがあります。そこに目をつけたのが、株式会社エンパワー(東京・新宿)のフランチャイズ、中古買取専門店「大吉」です。

大吉のフランチャイズのコンセプトは「加盟店に損させない、失敗させない」です。
なぜそのように言い切れるかというと、大吉のビジネスモデルがシンプルだからです。
大吉の加盟店オーナーは、来店した客から中古品を買って再販売するだけです。

仕事の内容

買取ビジネスやリユースビジネスでは、持ち込まれた中古品の査定が肝となります。そこで大吉では、未経験者でも査定できるよう手厚くサポートします。

また大吉は買取専門なので、加盟店オーナーが自分の店で一般客に売ることはしません。加盟店が買い取った商品は、本部が推奨する販売会社に売ることになります。
そのため一般客を集める販売促進をしなくてもいいですし、買い取った商品を長期間保管する心配もありません。

支援内容と開業資金

大吉の本部は加盟店オーナーに商品知識の指導をします。査定方法や値付けのポイントもしっかり教わることができます。
Webサイトの構築や開店告知も本部が行ってくれます。希望すれば融資の支援も受けられます。
ただ店を構える必要があるので、開業資金は物件取得費や内装工事などを含め950万円ほどかかります。

産地直送居酒屋「浜焼太郎」

自己資金250万円で居酒屋を開業できるのが、株式会社フードナビ(東京・六本木)の展開するフランチャイズ産地直送「浜焼太郎」で、その1つ目の売りです。
2つ目の売りは、セルフクックです。店側は客に食材とコンロを提供するだけで、客に自分たちで焼いて食べてもらう仕組みです。焼き肉店と同じシステムです。
なので、加盟店のオーナーは調理のスキルが要りません。

浜焼太郎の主なメニューは海鮮で、産地直送をうたっています。運営会社は東京都豊島区の株式会社フードナビという会社です。

仕事の内容

浜焼太郎ではほとんどの食材は客自身が調理するので、加盟店オーナーは接客に専念できます。
そのほかの業務は、一般の居酒屋の店長と同じで、お酒を出したり、店員を雇ったり、宣伝をしたりします。
しかしこれらの業務もフランチャイズ本部がフォローしてくれます。

支援内容と開業資金

浜焼太郎の加盟店オーナーは、物件選び、飲食店プロデュース、販売促進、作業指導、スタッフ育成などの支援を受けることができます。

スタッフ業務はマニュアル化されているので、アルバイトたちで店を回すことができます。加盟店オーナーは調理師や料理人などの高給取りを雇う必要がないので、人件費が安く済みます。

店で出す海産物などは本部から購入することができます。本部が全店舗分を一括購入するので、加盟店オーナーが自分で仕入れるより安く食材を調達できるというわけです。
つまり居酒屋経営をしたことがない人でも、間違いのない食材を手に入れることができるのです。
開業資金は最低250万円です。

まとめ~いいことだけを信じないように

無資格・未経験OK、自己資金少額OK、短期間で大儲け――このようにPRするフランチャイズ本部は少なくありません。しかし世の中にそれほどおいしい話が転がっているわけがありません。
もちろん、フランチャイズ本部がPRする「成功例」が「嘘」と言っているわけではありません。ただその「成功例」は「最もうまくいったケース」と考えておくべきでしょう。

加盟店オーナーにはフランチャイズ本部という「バック」がついていますが、それでも独立開業なので経営は100%自己責任となります。ビジネスの厳しさは当然存在します。

関連記事