ファイナンシャルプランナーなど資格が必要なフリーランス

FPでも「さまざまなバリエーション」を持てば独立開業できる

ファイナンシャルプランナー(FP)資格は、銀行員や生命保険の営業担当が「はくをつける」ために持つ資格、と思っていませんか。
確かにFP資格を持つFPホルダーたちの多くは、本業の助けになると考えてこの資格を取っています。

しかし、FPで独立開業することは可能です。
そして、FPで独立開業している人はいます。

ただ、独立FPの道は簡単ではありません。
なぜなら、顧客のファイナンシャルプランをつくるだけなら、FP資格は必要ないからです。FP資格を持っていない人がファイナンシャルプランをつくってお金をもらってもまったく問題ありません。

FPの仕事は、弁護士や司法書士や公認会計士や税理士や医師などように「その仕事はその資格を持っている人しかできない」という独占業務ではないからです。

FPで独立開業する方法を見ていきましょう。

「ファイナンシャルプランとは」「FPとは」「FP資格とは」

FPでの独立開業の道をみる前に、
・そもそもファイナンシャルプランとは
・そもそもFP(ファイナンシャルプランナー)とは
・FP資格とは
について解説します。
これをしっかり押さえておかないと、独立開業後のビジネスイメージをつくることができないでしょう。

ある人の人生のお金の出入りを計画すること

ファイナンシャルとは金融、家計といった意味です。プランは計画です。すなわちファイナンシャルプランとは、「ある人の一生の金融と家計に関わる計画」という意味です。

人の一生には、収入が「ない時期」と「少ない時期」と「多い時期」があり、さらに支出が「ない時期」と「少ない時期」と「多い時期」があります。
それぞれの「時期」をきちんと把握してお金を使っていかないと、最悪、自己破産を引き起こします。そこまでいかなくても、必要な商品やサービスを購入することができず、生活の質が著しく低下します。

そこでファイナンシャルプランをつくらなければならないのです。ファイナンシャルプランをつくっておけば、「独身時代はお金を自由に使えるけど、結婚して子供ができたら教育費がかかるから無駄遣いをしないでおこう」といった行動を取ることができます。

プランづくりには深い金融知識が必要

金融や「人生の支出」に詳しくない人が自分のファイナンシャルプランを立てることは至難のわざです。例えば、お金を増やす方法には預貯金、株式投資、国債購入、不動産投資などがあります。人生の支出には、自動車の購入、住宅の購入、教育費、老後の蓄えなどがあります。またセーフティネットには生命保険や年金保険などがあります。さらに、退職や病気といった人生のリスクもあります。

これらの要素をすべて盛り込んでファイナンシャルプランをつくらないと、正確なものにはなりません。不正確なファイナンシャルプランでは、まったく意味がありません。

FP資格は「必須」と考えておいたほうがいい

そこで、他人のファイナンシャルプランをつくってあげるFPというサービスが生まれたのです。
FPはFP資格を持っていなくても名乗ることができます。しかしFP資格を持っていない人がFP業務をして、後でFP資格がないことが発覚したら、顧客の信用を失うことは確実です。

日本FP協会は5段階の資格を用意

FP資格は日本FP協会という団体が認定している民間資格です。
日本FP協会の資格には、次の5種類あります。下に行くほど上位資格になります。
・3級FP
・2級FP
・AFP認定者
・1級FP
・CFP認定者

資格を取得するには、学科試験と実技試験をパスする必要があります。
またAFP認定者は2級FPを取得した後に研修を受講する必要があります。
CFP認定者は、1級FPが研修を受講すると取得できます。

FPで独立開業するには、最低でも2級FPは必要でしょう。しかし「2級」という響きは、当然のことながら顧客の印象を悪くします。
顧客は「どうせなら1級の人にファイナンシャルプランをつくってもらいたい」と思うでしょう。

ですので、もし急いで独立開業したい方は2級FPを取った時点でビジネスをスタートさせたとしても、常にAFP認定者や1級FP、CFP認定者へのステップアップは考えておきましょう。

FPの独立開業モデル

FP資格を取得したら「FP事務所」を設立する形で独立開業することになります。
勤めている会社を退職し、税務署で個人事業主になるための「開業届」を出したら、事務所を借りるか、自宅を改装するなどして事務所を開きます。
顧客を迎え入れる事務所は必須です。

事務所には、事務机と椅子、応接セット、パソコン、インターネット設備、コピー複合機などが必要です。さらにホームページの開設や、名刺とパンフレットの作成も欠かせないでしょう。

毎日異なる顧客を2.3人確保しても収入は安定しない

FPの収入は「相談料」です。相場は1時間5,000~20,000円です。
仮に、事業をスタートしたばかりなので相談料を1時間5,000円に設定したとすると、月30万円を稼ぐには月60件の相談を受けなければなりません。
週1日休みで働いたとしても、1日2.3人の顧客を集めなければなりません。
毎日確実に2.3人の新規顧客を集めることの大変さは想像に難くないでしょう。

しかもそれでもようやく月30万円しか稼げないのです。仮に事務所の賃貸料や水道光熱費などが月15万円だった場合、30万円の収入では手元に15万円しか残りません。さらにそこから応接セットやコピー複合機のリース代や交通費などを支払わなければなりません。

ライバルは金融のプロたち

FP事務所の苦労はまだあります。
ファイナンシャルプランは、銀行や生命保険会社でもつくってくれます。ということは、独立開業したFPのライバルは金融のプロたちになるわけです。
信用力でも金融知識でも、簡単には太刀打ちできません。
しかしそれでもまだ、FPでの独立開業をあきらめる必要はありません。

1本足打法ではなく「バリエーション型」で行こう

FP資格を取っただけでFP事務所を独立開業するのは無謀です。
ファイナンシャルプランづくりの手数料だけでビジネスを回すのはとてもリスキーです。FPサービスだけの1本足打法は無理と断言できます。

しかしFP資格を取った人が、サービスの種類を増やす「バリエーション型」を展開すれば、独立開業が軌道に乗るかもしれません。

例えば、生命保険会社の代理店になり、保険商品を売る仕事とFPを組み合わせてみてはいかがでしょうか。
生命保険の営業で顧客を獲得できればそのままFPの顧客になりますし、FPの顧客を獲得できれば生命保険をすすめることができます。

また、「異色のコラボ」では、喫茶店経営とFPをドッキングさせても面白いかもしれません。喫茶店を開業すれば、そこがFP事務所になります。また喫茶店内で、一般客を集めたFP講習会を開くこともできます。

または、「株投資に強いFP」や「不動産投資に強いFP」を目指してはいかがでしょうか。このように特色をつくることで、ニッチな市場を切り拓くことができます。

まとめ~お金のプロにはお金が集まる

FPはお金のプロです。しかし一般の人は、お金のプロといえば銀行員や証券会社の営業担当者を想像します。FPの認知度は、それほど高いとはいえません。

しかし消費者のなかには、銀行や証券会社の敷居が高いと感じている人もいます。そのような消費者に金融知識や人生のお金リスクを教えてあげることができるのがFPです。
FPが銀行員並みに金融について詳しくなれば、独立開業でも勝機を見いだすことができるかもしれません。なぜなら、お金はお金を呼び寄せるからです。

関連記事