清掃の仕事概要。どんなことするの?フランチャイズはどこが募集している?

清掃のフランチャイズの業務内容、ロイヤリティ額、契約内容とは

特技やスキルがなくても「清掃ならなんとかなりそう」という人は少なくないでしょう。そのため、清掃のフランチャイズに加盟して独立開業を目指す人は少なくありません。

ただもちろん、自分の家の清掃と「プロの清掃」はレベルが違います。やる気と元気だけで乗り切れるわけではありません。そこで「清掃フランチャイズの実態」を紹介します。
・清掃フランチャイズ加盟店はどのような仕事をしているのか
・清掃フランチャイズ本部とはどのような契約を結ぶのか
・清掃フランチャイズはどのような企業が展開しているのか
などについて詳しく紹介します。なおここでは家の中の掃除に特化した「ハウスクリーニング」は除外しています。ハウスクリーニングは別の記事で詳しく紹介します。

ビル・オフィス清掃で将来は起業も

神奈川県のA社はビル・オフィス清掃のフランチャイズ加盟店を募集しています。
提供しているサービスは次のとおりです。
・床の洗浄とワックスがけ
・ガラス洗浄
・照明洗浄
・外壁クリーニング
・エアコン清掃
ビル・オフィスのほか、賃貸マンションやアパートなどの入居者入れ替え時の室内清掃も得意にしていて、一般住宅の清掃も行っています。

初期費用は約400万円、ロイヤリティは売上の6%

加盟希望者がA社に支払うお金は次のとおりです。
・加盟金70万円(税別、以下同)
・教育費30万円
・資材・機材費150万円
(以上、計250万円)
・ロイヤリティ:月売上高の6%
・その他130万円(車両費、パソコン、ファックス)

研修は充実の3週間、技術習得から営業、管理まで指導

A社の加盟店になるには資料請求からスタートします。その後の流れは次のとおりです。
加盟の相談→面談→事業計画の立案→契約→オリエンテーション→開業研修(3週間)→卒業試験→開業準備1週間→開業
3週間の開業研修は充実していて、フランチャイズの基礎から学ぶことができます。そのほか清掃技術の習得と、営業や管理業務についても指導を受けることができます。

同一エリア内の新規出店はしない

さらにA社は、同一エリア内での新規出店はしない方針を取っています。つまりA社のフランチャイズどうしで競合することはない、ということです。また個人事業主としてスタートする人には、会社をおこしてフランチャイズ加盟を継続するステップアップも用意しています。独立開業だけでなく、起業も目指すことができるのです。

1人無店舗無在庫で開業可能

大阪市のB社は公共施設や公衆浴場、病院、介護施設、博物館、飲食店などの清掃が得意な清掃フランチャイズです。

他社と差別化できるカビに強い特殊洗剤

B社の売りは「特殊洗剤」で、これを掃除する場所に塗り水で流します。カビを根元から死滅させ再発を予防し、紫外線から建物を守ることもできる、という触れ込みです。コンクリート、ガラス、タイル、クロス、金属パネル、鏡、木材など、あらゆる建築資材に対応できるとしています。

B社は、同社のフランチャイズに加盟するメリットとして次の内容を挙げています。
・特殊な技術は不要(初心者でも簡単に始められる)
・特殊洗剤で他社と差別化
・1人で独立開業できる(1人で営業と施行ができる)
・施工方法と営業方法を指導
・在庫なし、無店舗開業可能

初期投資は35万円

初期投資35万円の内訳は、権利金30万円、研修費5万円となっています。ロイヤリティは月5,000円の定額制です。売上連動式ではないので、売上を上げれば上げただけ、加盟店オーナーの手取りは増えていきます。
B社の加盟店になる流れは次のとおりです。

<資料請求>
同社に資料請求すると、パンフレットが送付されます。
<面談>
B社の幹部と面談し、業務内容や契約内容を質問できます。
<契約>
B社と加盟希望者が合意した時点で契約を締結します。
<研修>
契約を結ぶと研修を受けることができます。未経験者を想定した研修内容で、営業方法や経営についても学ぶことができます。
<営業開始>
研修を受けたら、すぐに営業に取りかかり顧客を探します。当初はB社が営業をサポートして、「最初のお客様」の獲得を目指します。

病院や介護施設に感染予防対策のクロスを代理販売する

やはり大阪の企業になるのですが、C社は病院や介護施設の感染予防対策アドバイザーをする加盟店(代理店)を募集しています。加盟店は、除菌効果がある北欧生まれのクロス(布製の掃除用具)を病院や介護施設に売り込むことになります。同社のクロスは1枚約3,000円もする高価なものなのですが、洗剤や化学薬品を使うことなく、水だけで油汚れを取りながら除菌できる、との触れ込みです。

肺炎予防などをアピール

病院や介護施設では、患者や高齢者が肺炎菌などに感染することを予防するため清掃に力を入れていますが、一方で除菌効果がある洗剤や化学薬品は体が弱い人には逆効果になってしまいます。そこでC社は水だけで洗浄効果が上がるクロスに目をつけ、医療・介護施設に営業をかけているというわけです。

顧客が継続購入すれば手数料が入る

加盟店が行うのはデモ販売です。病院や介護施設に行き、クロスの使い方や除菌効果をPRしてクロスを購入してもらいます。加盟店オーナーの収入は、クロスを購入してもらったときに発生します。新規に顧客を獲得したときだけでなく、顧客がクロスを継続して購入した場合も手数料収入が入ります。よって、リピーターが増えれば安定収入が見込めます。

開業資金は70万円で、このなかに、
・デモ商品一式
・商品パンフレット
・検査機器
・研修費
が含まれます。加盟店がC社に支払うのは70万円だけなのですが、同社は「加盟を希望する人は生活資金として250万~300万円ほど用意しておいたほうがよい」とアドバイスしています。

ロイヤリティは0円ですが、売上はいったんC社に入り、その後手数料が加盟店オーナーに支払われる形です。同社の方式はフランチャイズというより、同社の代理営業、代理販売になります。

清掃対象は全国に2千万以上ある「お墓」

名古屋のD社は、お墓の清掃を行う清掃フランチャイズです。D社が販売するのは3年間のお墓のメンテナンスを総額約18万円で請け負うサービスです。お墓をクリーニングしたり、お墓に免振装置を据え付けたりします。D社によると国内のお墓の数は2千万~3千万もあるそうです。しかもお墓の手入れは人口の高齢化で年々難しくなっています。そのため、お墓清掃の需要は力強く、将来性もあるのです。

営業日自由、労働時間自由

D社の加盟店の特徴は次のとおりです。
・1人でも開業可能
・店舗不要、自宅開業可能
・月会費15,000~20,000円(ロイヤリティ相当分、月額固定)
・営業日と休日の設定自由
・1日の労働時間の設定自由
・地方や田舎でも業務可能
・女性や障害がある方でも可能
かなり自由度が高い働き方ができそうです。

契約金は60万円

加盟店オーナーが支払う費用は以下のとおりです。
・契約金60万円
・月会費15,000~20,000円
・開業技術研修20万円
・初期材料18万円
・加盟店がお墓クリーニングをすると代金はいったんD社に入り、D社から加盟店に紹介料が入金される
そのほか、石材クリーニングや墓石の改修、石材免振施行などの特殊技術を身につけたい場合、1コース10万円で研修を受けることができます。D社は石材店や葬祭社、共済会などと提携し、お墓の清掃を必要としている顧客を探してくれます。

ロイヤリティ相当の月会費が15,000円からと定額なことと、好きな時間に仕事ができるメリットがあります。ただ、売上はいったんD社に入るので「独立開業」というより作業代行といった内容になります。

まとめ~参入しやすいということは競合しやすいということ

清掃業務は永遠になくならない仕事です。また、お墓清掃といった「現代的な」業務も現れています。「未経験者歓迎」を掲げるフランチャイズ本部がほとんどで、参入しやすさが魅力です。
ただどの業界もそうですが、参入しやすい仕事は競合しやすいので注意が必要です。競合他者が増えると価格破壊が起きて収入が減ってしまうからです。

関連記事