独立開業で人気の仕事って何だろう?

2018.05.30

独立開業で人気の仕事をランキング形式で紹介

将来的に独立開業を考えている人でも、どの仕事で起業しようか決めかねていることもあるでしょう。世間的には独立開業において人気の仕事というのはあり、比較的コストがかからない職種や継続性のある業種が当てはまります。そこで独立開業の人気仕事をランキング形式で解説していきます。

 独立開業の人気仕事ランキング

独立開業に人気なる仕事を9つ紹介していきます。

 1位:参入の壁が低いハウスクリーニング

ハウスクリーニングの特徴は、特別な資格も必要とせず、店舗を構えることもありません。自宅を事務所として立ち上げることができますので、家賃などの維持費がかからないこともメリットになります。また、一人で開業できるのも大きなポイントといえるでしょう。

女性にもおすすめのビジネスですので、集客に自信の無い人はフランチャイズに加盟することが望ましいでしょう。フランチャイズといっても開業資金を抑えることができるのがハウスクリーニングの魅力ですし、洗剤などのコストがかかるだけで、利益率が高いのも経営者に喜ばれる点が挙げられます。

女性の社会進出でハウスクリーニングの需要は伸びています。さらに超高齢化社会に突入していきますので、ハウスクリーニングの出番は多くなることがうかがえます。どうせ独立開業するなら、これからの需要も大きい職種を選んだ方が得策といえます。

 2位:スマホ修理

スマホの爆発的普及を受け、現代社会の必要ツールとして存在しています。特に携帯電話がオプションとして機能している時代でもあり、高齢者でも画面や文字が大きい機能を持ったスマホを所持している人も珍しくはありません。

しかし、スマホは利用者自身がメンテナンスを行うものではありません。調子が悪くなったらショップで修理依頼を頼む人が多いですが、携帯ショップでの受付はかなり時間がかかり、待たされることも珍しくありません。そこでスマホやガラケーの携帯電話を修理する需要は高まり、ビジネスが人気となっています。

スマホは2年契約がほとんどですが、それ以上使用すると不具合が生じてしまう可能性が高くあります。見た目ほど修理も複雑ではありませんので、需要があることから独立開業初心者にも手軽に扱える職種といえるでしょう。

 3位:コインランドリー

不況知らずといわれるのがコインランドリーの経営です。これはハウスクリーニングでも説明しましたが、女性の社会進出が際立つようになって未婚や晩婚が進み、核家族化の影響も挙げられます。

それだけに家事の負担を減少するため、コインランドリーを利用することが増えています。高齢化社会にもなり、コインランドリーの需要はますます増えていくことでしょう。近年は清潔感に溢れる店舗もあって、女性が1人でも利用しやすいように工夫されています。

ただし、競合店舗は多く、コインランドリー自体は初期投資が高額になるケースがほとんどです。それだけにまとまった資金をねん出する必要性があります。

コインランドリーの最大の魅力といえば、完全に副業として経営に専念できることです。通常の店舗のように、商品を置くことや注文を受けることを必要とせず、レジもいりません。利用者が自らお金を入れて洗濯物を投入・排出しますから、店舗側はほとんど何もしません。見回りと忘れ物のチェック、店内清掃に両替機の釣り銭補充をするくらいですので、専門的な知識を有せずに開業することができます。

 4位:コンビニ

コンビニの経営はフランチャイズ契約を結び、加盟店のオーナーとして独立開業することが通例です。大手コンビニになると、すでにブランド力は全国規模ですので、集客に特化することも必要ありません。

24時間業務が日常ですので、アルバイトが集まらないと夜勤業務に従事する必要も出てきますし、防犯対策も実施しなくてはなりません。しかし、経営が軌道に乗れば2店舗、3店舗と継続して出店できる強みもあります。

 5位:児童教育

少子化が叫ばれていますが、実際には教育に力を入れている保護者は多く、学校教育以外に習い事をさせている世帯は多くなっています。習い事も曜日を変えて複数受けている児童も珍しくありません。

小学校からパソコンや英語が必須となっているので、未就学児を対象にした幼児クラスも需要があります。個別で学習塾を営むこともあるでしょうが、やはり集客に悩むことが多く懸念されます。フランチャイズに加盟することで、集客もサポートしてくれますから、未経験から始めるオーナーも多くいます。

フランチャイズによって学習・指導方法やシステムが異なりますので、しっかりと理念をチェックしておき、見学会などを利用して各フランチャイズの特徴を把握しておくようにしていきましょう。

 6位:キッチンカー(移動販売)

飲食店の新しい形態といえるのがキッチンカー(移動販売)です。車の維持費はかかりますが、店舗を構える必要がないので、初期投資を抑えることが可能といえます。個人・夫婦で独立開業できるビジネスですので、従業員を雇う経費もカットすることができます。

オフィス街やショッピングモール、出店可能な場所を提供してくれるフランチャイズ契約もありますし、軒先ビジネスで出店場所を常に探しながら期間限定というサービスで人気を出しているキッチンカーもあります。

地域密着型であり、オリジナル商品を手掛けられるのも魅力的です。気に入ってもらえた顧客はリピーターになりやすく、安定した経営を続けることも容易といえます。

特別な技術がなくても出店可能ですが、出先で食品・食材を扱うだけに、衛生面には慎重な注意が必要といえるでしょう。

 7位:ラーメン店

長年独立開業の人気職種上位ランキングに上がるのがラーメン店です。基本的にラーメン好きの人が、自分の好きな味を追求してお店を開きたいという思いで開業に至っています。消費者からすればラーメンは大人気ですので、激戦が続くことが予想されます。そのため、出店時は繁盛しても、味やサービスで他店に劣ってしまうと、すぐにお客様が離れてしまいます。

ラーメンに関するこだわりを持つならオリジナルメニューを考案したい人が多いでしょう。それにはフランチャイズ契約するよりも、個人経営で独立開業したほうが無難といえます。

 8位:カフェ

飲食店の開業でラーメンと人気を二分するのがカフェです。こちらもコーヒーにこだわりを持っている人が開業していることがうかがえます。パンやデザートにもこだわりを持っているオーナーは多くいます。カフェは落ち着いた雰囲気を望むお客様が多いので、回転率が下がり、必然的に客単価が上がる傾向になります。

美味しいコーヒーをもっと安価で提供したいという人も少なくないでしょうが、現実的に経営を苦しめてしまうことになり変えないので注意が必要です。

 9位:カービジネス

フランチャイズビジネスが多く、初心者に難しいとイメージされるカービジネスは、車の修理やメンテナンスを依頼されます。フランチャイズの中でも固定客をつかみやすく、リピーターによって経営が成り立つといわざるを得ません。

カービジネスの魅力は、高収入につながりやすいという点です。カービジネスはリピーターが多く、客単価が高くて需要が無くならないビジネスといえます。専門の講習会や研修会を行っていますので、高収入を得たい人は参加するのをおすすめします。

 まとめ~今後需要が伸びる職種を選ぶ

独立開業で人気ある仕事には、今後の需要が伸びるハウスクリーニングやスマホ修理、コインランドリーなど、不況にも負けない職種が人気を博しています。こちらで紹介した9種はフランチャイズ展開もしている企業が多いですので、独立開業初心者にも始められやすい仕事といえるでしょう。

関連記事