独立開業後はつながりが大事!挨拶状の書き方

2018.05.29

独立開業後はつながりが大事!挨拶状の書き方

独立開業において忘れてはならないのが挨拶状です。近年はフランチャイズビジネスの競争激化も背景にあり、低資金で比較的簡単に独立開業できる業態も増えています。独立開業までの道のりが長かった人ほど、人のつながりを大事にする傾向がありますが、中には挨拶状の書き方を知らない人も少なくありません。挨拶状は集客につながることもありますので、ここでは挨拶状の大切さや書き方を解説していきます。

 挨拶状はお世話になった感謝と継続の付き合いをお願いするもの

独立開業の挨拶状には、これまで所属していた会社、お世話になった取引先などへ、これまでの感謝と今後のお付き合いをお願いするための意味があります。また、自身の知人や友人にも、退社して独立開業する旨を知らせるときに書きます。

独立開業すると、一から新規顧客を作らないといけません。場合によっては、本社からの独立でこれまでと変わらない顧客を相手にするケースもありますが、基本的には独立開業してからの顧客作りを挨拶状で始めるのが一般的です。

これは全く自身を知らない人よりも、これまでに付き合いがある人や会社のほうが、直接的や間接的に取引してもらいやすくなるからです。さらに、知人が新しいビジネスを始めたとあれば、興味を抱く人も多いことがうかがえます。

この挨拶状をきっかけに、新規顧客を作れる可能性がありますし、間接的に顧客を紹介してもらえるチャンスもでてきますので、しっかりと挨拶状を送ることが求められます。

どのような業態であれ、独立開業しても、さまざまな人に知ってもらわないと仕事は舞い込んできません。まずは、身近な存在から挨拶状を書き、送付しておくようにしましょう。

 挨拶状のメリット

先述で挨拶状は必要ということを述べましたが、基本的に挨拶状にはメリットしかありません。挨拶状を書くことで独立開業の覚悟が備わるのも理由の一つです。次に挨拶状のメリットを3つ見ていきます。

 時間がかからない

まず時間がかかりません。ホームページを作成して告知しようとしても、一からホームページを立ち上げるのには自分でやると結構な労力をかけてしまいます。外注するにしても打ち合わせを含めると、なかなか思うようには進まないことがあります。しかし、挨拶状だと、名刺の顧客データさえ入力してあれば、後述する挨拶状の文面を作成しておくだけで大丈夫です。

もちろん、挨拶状をすべて手書きで行うようになるとかなりの労力を費やしてしまいます。今は挨拶状のさまざまレイアウトが揃った印刷サイトがありますので、ネット上で簡単にしっかりとした文面を作ることができます。

 集客が見込める

挨拶状があれば、いつどこで開業するかも分かりますし、これまでに付き合いがある人たちだと、興味を抱いてくれる割合は高くなりますので、集客に貢献してくれる可能性があります。

そのまま顧客になってくれることもありますし、他の方を紹介してくれることもあります。さらに、ご祝儀代わりに仕事を依頼してみようという人もいるかもしれません。独立開業してからは、口コミや評判というのはとても大事ですので、集客を見込める挨拶状は効果があります。

独立開業してからは激務になることが想像されます。なかなかあいさつ回りに伺う余裕もありませんから、事前に挨拶状を作成しておくのがベストです。

 信頼感を増す

独立開業の準備で忙しくなってしまい、挨拶を忘れてしまうこともあります。挨拶状を丁寧に送付するのは、今のご時世少なくなっていることでしょう。SNSやメールに簡単な挨拶とホームページのアドレスを記載するだけで十分と考えてしまいがちです。

しかし、挨拶状を送付される側からすると、アフターフォローもしっかりとできる印象を受け、経営者としての仕事もしっかりとできるという信頼感を感じます。挨拶状を送付してくれたことは受け取った相手からすると、記憶に残っていくことでしょう。

 挨拶状の書き方

挨拶状の書き方を4つのタイプで紹介していきますが、どのような文面になろうとも、必ず盛り込んでおく内容があります。

新たに独立開業するのですから、「屋号(商号)」「場所(住所)」「連絡先」「業種や事業内容」を明確にしましょう。連絡先には電話番号だけでなくホームページやブログのURLも記載しておくといいでしょう。

独立開業したので集客につなげたいからといって、「この挨拶状を持ってこられた方は○○%OFF」などという販促の告知は避けてください。お金儲けのために挨拶状を出したのかと感じられ、単に利用されていると思われてしまいます。

先に述べましたが、挨拶状の本質は、これまでお世話になった感謝とこれまでのお付き合いを継続してもらうことです。

円満退社を心がける

拝啓 ○○の候 ますますのご盛栄のこととお慶び申し上げます。
さて 私ことXXXXはこれまで○○の間○○○にて在籍しておりましたが、今般円満退社し○月○日より○○○○を業務とする、独立開業をいたすことになりました。これもひとえに在職中のご懇情を賜物と誠に有難く厚く御礼申し上げます。
今後とも変わらぬご支援とご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます

平成○○年○月
○ ○ ○ ○(屋号)
○○○○○○○(住所)
○○-△△-○○(連絡先)
○○○○(名前)

これまでの取引先

拝啓 ○○の候 ますますのご盛栄のこととお慶び申し上げます。
さて 私ことXXXXは本年○○月○○日をもちまして△△△△△を退社し、独立開業いたしました。これもひとえに皆様方の温かいご芳情の賜物と心より感謝いたしております。
在職中は公私にわたり格別のご厚情を賜り厚くお礼申し上げます。
今後も鋭意努力して参る所存でございますので 何卒倍旧のご支援とご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます。

平成○○年○月
○ ○ ○ ○(屋号)
○○○○○○○(住所)
○○-△△-○○(連絡先)
○○○○(名前)

新店舗開業

拝啓 ○○の候 ますますのご盛栄のこととお慶び申し上げます。
日頃は格別のご厚情を賜り誠にありがとうございます。さて このたび○月○日に「○○○○○○」を開店することになりましたのでお知らせ申し上げます。
小さなお店ではございますが、皆様方にご満足いただけるサービスを心がけてまいりますので、末永いご愛顧をくれぐれも宜しくお願い申し上げます。
お近くにお越しの際はぜひご来店いただけること心よりお待ち申しております。

略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます。

平成○○年○月
○ ○ ○ ○(店名)
○○○○○○○(住所)
○○-△△-○○(連絡先)
○○○○(名前)

フランチャイズ店舗開業

拝啓 ○○の候 ますますのご盛栄のこととお慶び申し上げます。
日頃は格別のご厚情を賜り誠にありがとうございます。
さて このたび「○○○○○○」の加盟店として開業準備を進めてまいり、○月○日に無事開店することになりました。
これも皆様方のご支援とご懇情の賜物と誠に厚くお礼申し上げます。
皆様方の信頼をいただけることを第一に 日々鋭意努力して参る所存でございます。
末永いご愛顧をくれぐれも宜しくお願い申し上げます。

略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます。

平成○○年○月
○ ○ ○ ○(店名)
○○○○○○○(住所)
○○-△△-○○(連絡先)
○○○○(名前)

 まとめ~独立開業後のつながりには挨拶状が欠かせない

独立開業には挨拶状が必要です。挨拶状にはこれまでお世話になったことへの感謝と、今後も継続してのお付き合いをお願いするように書きましょう。挨拶状を書くことで、独立開業後の経営者としての覚悟も備わり、先方の信頼感も増して集客につなげる効果を期待できます。

挨拶状には販促の告知を避けておき、お金儲けのために利用していると思われないような文面を記載していきます。また、忙しいからといってSNSやメールで簡単に済ませることのないよう、先方の記憶に残るように文書で郵送することが大切です。

経営者ともなれば人脈がもっとも大切になりますので、人とのつながりを保てる挨拶状は出し忘れることなく、事前に準備しておくようにしましょう。

関連記事