独立開業を考えているが不安でたまらない

2018.05.28

 独立開業にあたって不安に感じる事と、解決方法について

独立開業を考えているけれど、これまでの生活からガラッと変わることが多く、不安が大きいという方も多いのではないでしょうか?今回は、多くの方が不安に思っているお金や、事業展開、知識などの項目から、不安とその解決方法について解説していきます。これから独立開業を予定している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 不安1:独立開業のお金は大丈夫?

独立開業にあたって、一番心配なのはお金という方が多いでしょう。独立開業では、開業前の準備段階でも、開業後の運営段階でもお金に関する不安がつきものです。

具体的には、開業前には、「初期費用はいくらかかるのか」「資金が足りるか」という不安があるでしょう。その不安を解決するために、独立開業にあたって独立開業の先輩を探してリサーチしたり、書籍などから学んだり、といった準備を入念に行うことが大事です。独立開業のための資金については、融資を利用するという方法もあります。ただ、独立開業の考え方として、資金不足に陥らないように独立開業1年目はお金を使いすぎない、ということも重要なポイントになります。

開業後には、「十分な収入が得られるか」という不安があります。独立開業は自分自身の頑張りが結果に反映されるので、努力を続けることで収入を得ることはできるでしょう。ただ、努力と言っても、収入に結びつく努力をしなければ意味がないので注意が必要です。

また、独立開業にあたってのお金の管理として、プライベートとビジネスの財布をきっちりと分けることと、会計ソフトを導入することによって会計にかかる手間を減らす、ということも解決方法としてオススメです。

 不安2:独立開業に必要な知識は?

これまでサラリーマンをしていた方などがこれから独立開業をする場合、独立開業にあたっての知識を身につける必要があります。そのため、その知識について不安を感じる方も多いでしょう。
特に、独立開業では、すべての人が成功するとは限らず、しっかりとした知識を持たずに独立開業してしまうと失敗する確率が高くなってしまいます。

独立開業にあたっては、マーケティングの知識が必要になります。事前にマーケティングを勉強することで、事業選定や事業計画に役立てることができます。

また、サラリーマンとは違い、独立開業では各種手続きや税金、会計に関することも自分で行う必要があります。そのため、税金・会計・法律などに関する知識も基本としておさえておきましょう。業種によっては、独立開業にあたって資格や届出が必要なものもあります。
独立開業を決意したら、早めに準備に取り掛かりましょう。

 不安3:独立開業は孤独?

独立開業すると、当たり前ですがすべての意思決定が自分であり、責任もすべて自分で負うことになります。そのため、覚悟はしていても孤独に耐え続けられるのか、不安に感じることもあるでしょう。

独立開業で直面する孤独に対する解決方法としては、絶対にすべてを自分で乗り越えなくてはならないと思い込み過ぎないことです。確かに独立開業は、サラリーマンと比べると相談する相手もいない状況で孤独といえるでしょう。ただ、独立開業したからといって、誰にも相談してはいけないということはありません。むしろ、一人で抱え込みすぎて視野が狭まると、せっかくのいい事業計画も失敗に繋がってしまいます。

時には、独立開業の先輩や、家族・友人に相談することも必要という意識を忘れずに持ちましょう。そうすることで、過度な孤独感や行き詰まりを軽減し、より成功する確率も高まることが期待できます。また、同じ独立開業した仲間を見つけることも、経営のヒントや情報収集に有効な方法としてオススメです。

独立開業に伴う孤独については、フランチャイズでの独立開業では、本部や同じ独立開業の仲間との繋がりが持てるので不安は少ないといえます。もし、どうしても孤独に対しての不安が大きい方は、フランチャイズでの独立開業を視野に入れてみましょう。

 不安4:独立開業は仕事がない?

独立開業のイメージとして、独立開業しても仕事がないのではないか、仕事をとれるか不安を持つことも多いでしょう。

独立開業は仕事がないのではないか、という不安への解決方法としては、独立開業にあたって複数事業を同時並行で進めることによって、リスクを分散させることがあります。
事業計画を立てる時点で、複数事業を持つことで「仕事がない」という状態になるのを防ぎましょう。独立開業では、最初は小さく事業を始めていくので、どうしても一つの事業だけでは業務確保と収入確保が困難です。計画段階で、なるべく多くの事業候補を出しておき、「仕事がない」という事態にならないようにしましょう。

また、独立開業の心構えとして、最悪の事態を想定して事業を進めるという姿勢も重要になります。「仕事がない」状態にならないようにという点とも関わってきますが、独立開業とはうまくいかないことの連続です。そのため、うまくいかない前提で事業を行っていくと気持ちも楽になるでしょう。

さらに、本業以外でも収入源を確保しておけると安心して独立開業を行うことができます。
複数事業を持つこととも関連して、多少でも本業以外で収入源があると、気持ちに余裕が生まれ経営面でもいい効果が期待でき、不安の解消に役立つでしょう。

 不安⑤独立開業はメリハリがない?

独立開業に対するイメージとして、仕事とプライベートとの区別が曖昧になり、メリハリがないのではないかと感じる方も多いでしょう。確かに、独立開業では、自宅で開業する場合や自宅でできる作業も多いため、意識して時間管理を行わないと、メリハリをつけることは難しくなります。

独立開業でメリハリを持って仕事をするためのコツとしては、やらなくていい作業はやらないという、タスクの選別をしっかりとすることです。独立開業すると、これもあれも、できることを何でもやらないと成功しないのではないか、と感じてしまいがちです。ただ、それでは本当に必要なタスクに力を注ぐことができず、かえって逆効果を生むケースも考えられます。そのため、独立開業では、メリハリを持つためにも優先順位を意識して業務を行いましょう。

また、独立開業では、健康管理も仕事の一つと言われるほど、健康が重要になります。特に独立開業直後は、寝る時間以外は仕事のことばかり考えてしまうという話をよく聞きます。独立開業において、しっかりと考えることは大事ですが、まだ起こってもいないことをあれこれと考えることはやめましょう。だらだらと作業をせずに、休む時は休むという感覚を早くに持つことができると、独立開業してもメリハリのある生活を送ることができます。

さらに、家族のいる方は、家族へのフォローも忘れずに行いましょう。独立開業では、家族と距離の近いところで仕事をすることが多くなります。それに伴い、家族もストレスや気を遣っていることが考えられるので、仕事モードとプライベートモードを使い分けて、うまく生活に繋げていきましょう。

 まとめ

独立開業にあたって不安に感じる事と、その解決方法についてご紹介しました。いかがだったでしょうか?

独立開業では、不安を感じない人はほとんどいないでしょう。独立開業に向けて、不安な点に対して一つ一つ準備と対策を進めていくことが大事になります。今回ご紹介した、「お金」「知識」「孤独」「仕事がない」「メリハリ」という点を意識して、解決方法を参考に独立開業への準備を行ってください。

また、フランチャイズでの独立開業では、本部による相談やフォローの体制がしっかりしている企業が多いので、そのシステムを利用することも一つの選択肢といえるでしょう。

関連記事