長崎で独立開業を希望する方へ 自治体サポート情報やフランチャイズ情報など

2018.11.11

フランチャイズでの独立開業を考えたとき、たくさんの情報の中から自分に有利な情報を絞って選択していかなければなりません。日本フランチャイズチェーン協会によると、2016年度のフランチャイズチェーンの数は1,335であり、この数は今でも増加しています。このように、フランチャイズチェーンの選択だけでも膨大な情報量があり、それに加えて開業資金の調達方法や開業地域の選択など、フランチャイズオーナーはさまざまな判断をする必要があります。こうした情報の判断で悩んだときに利用したいのが、各地域に設置されている公的な支援機関のサポートです。日本では平成26年1月20日に産業競争力強化法が制定されて以降、全国の自治体で起業を推進して産業を活発化させようという動きが顕著になっています。あなたが開業したいと考えている具体的な地域があるのであれば、その地域での公的な支援機関のサポートを受けない手はありません。今回は、長崎での独立開業を考えている方に向けて、長崎での自治体サポート情報や長崎で募集しているフランチャイズチェーンについてご紹介していきます。

参考サイト:長崎県庁
(https://www.pref.nagasaki.jp/)

長崎での独立開業について

長崎県は観光業で栄えている地域であり、全国的に有名なハウステンボスを始め、歴史的な名所もたくさんある地域です。べっこう細工や真珠、からすみやうに、かまぼこやビワ、カステラといった全国的な知名度を誇る伝統工芸品や特産品も多く存在します。日本国内からだけではなく海外からの観光客も多いため、フランチャイズチェーンを選択する際はそういった需要も考慮する必要があるでしょう。長崎県は離島を含めた土地構成となっており、人口分布は長崎市や佐世保市に集中しています。長崎県は海と山が非常に近い土地が多く、急な坂が多いため自転車保有率が非常に低いのも大きな特徴です。長崎県の県民は男女同権意識がとても強く、開放的でサービス精神あふれる県民性を持っています。長崎県での独立開業を考える際には、県民性や地域の需要についても考慮するようにしましょう。

長崎で独立する際の支援団体や制度について

長崎県では県や市を中心にさまざまな公的支援機関による起業サポートを受けることが可能です。県が主催のビジネスプランコンテストや長崎県ビジネス応援プラザでのセミナー開催など、起業家の情報支援を積極的に行っています。長崎県産業振興財団ではセミナーの他に起業に関する相談を行うことも可能です。創業者を対象とした補助金や融資制度としては、長崎県の創業バックアップ助成金、佐世保市創業促進補助金、長崎市創業者ホームページ開設費補助金などが存在します。こうした支援制度を上手く活用して情報を収集することで、あなたの独立開業をより早く確実なものとしていきましょう。

長崎での主なフランチャイズチェーン

ここでは、長崎県での独立開業におすすめなフランチャイズチェーンを3つご紹介していきます。長崎県では観光業が特に盛んで、日本国内のみならず海外からも観光客が集まる地域ですので、開業したい地域の需要に合わせたサービスを提供することのできるフランチャイズチェーンを選択することが大切です。フランチャイズチェーンの選択で悩んだ時の判断材料として、地域の情報も積極的に収集しておきましょう。

マイスターコーティング

マイスターコーティングは10年以上のフランチャイズ経営実績を持つハウスクリーニング業のフランチャイズチェーン「おそうじ本舗」から生まれたハウスコーティング専門のフランチャイズチェーンです。ハウスコーティングとはフローリングといった床材からキッチン、浴槽といった水回りの壁材などを特殊な薬剤でコーティングする技術のことを指します。ハウスコーティングには防カビ・防汚効果があり、その効果は5年もの間キープされるため、特に賃貸業を営んでいる不動産会社からの依頼が年々増加しています。その中でも、マイスターコーティングは一般的に難しいと言われている中古物件のハウスコーティングを行うことができるのが大きな特徴です。ハウスコーティングを行う場合、対象物に傷や汚れがあってはその効果が半減してしまいます。中古物件はすでに傷や汚れがついているため、ハウスコーティングを行うには高いクリーニング技術も求められます。その点、ハウスクリーニング業を営む「おそうじ本舗」から生まれたマイスターコーティングは高いクリーニング技術を持っており、中古物件であってもハウスコーティングをすることが可能です。開業前には技術研修や現場研修が用意されており、業界未経験者でも高い技術を身に着けて独立開業することができます。

マイ暮らす

マイ暮らすは全国で約1,400店舗を展開しているハウスクリーニング業のフランチャイズチェーン「おそうじ本舗」と有料老人ホーム「イリーゼ」で培われたノウハウと細かなサービスを提供する家事代行のフランチャイズチェーンです。かつては他人に家事を頼むことに抵抗を覚える方も少なくありませんでしたが、共働き世帯や高齢者の1人暮らしの増加により、都市部を中心に家事代行業の需要が増加しています。家事代行業のフランチャイズは比較的低価格な初期費用で独立開業することが可能で、今までの家事経験を生かすことができるため、ビジネス初心者が参入しやすい業種です。マイ暮らすの主な業務内容は洗濯や掃除、片付けといった日常の家事代行です。基本の料金プランが時間制となっており、1つの家事だけではなく複数の家事を同時に行ってほしいお客様や、単品サービスでは対象となりにくいアイロンがけなどの家事を依頼したいお客様に人気となっています。また、オプションサービスで整理収納サービスも行っており、お客様のライフスタイルや暮らしやすさを考えた収納方法を提案することも可能です。開業前には5日間の研修を行い独立開業で必要な知識と技術を身に着け、開業後には本部スタッフのサポートや集客サポートを受けることができるため、業界未経験者でも安心して独立開業することができます。

リスクベネフィット

リスクベネフィットは全国各地に展開している特殊清掃と遺品整理のフランチャイズチェーンです。特殊清掃は一般的なハウスクリーニングとは異なり、ごみ屋敷の清掃や火災・水害現場の清掃など、特殊な現場の清掃のことを指します。日本国内では特殊清掃を専門に扱う会社はまだ少なく、その中でもリスクベネフィットは老舗と言えるでしょう。特殊清掃の老舗であるリスクベネフィットが他の清掃業者と違う最大のポイントは、特殊な現場の臭いを完全に取り除く技術を持っていることです。今まで特殊清掃を専門に扱ってきた経験から、リスクベネフィットではさまざまな清掃方法と消臭方法が確立されています。また、国内で最も多く消臭機材を保有しているため、1つの現場で使用することのできる消臭機材が多く現場の状況に合わせた機材を使用することが可能です。リスクベネフィットは多くのマスコミ機関で紹介されており、その注目度と集客力は確かなものと言えるでしょう。リスクベネフィットでは開業前に技術や営業について学ぶ研修があり、開業後も定期的な相談ができるなど万全のサポート体制が整っており、安心して独立開業することができます。

まとめ

フランチャイズでの独立開業は、自力での独立開業と比べてその成功率は高いと言われています。フランチャイズチェーンが今まで培ってきた経営システムやノウハウを利用し、効率的に利益を上げることができるからです。しかしながら、フランチャイズオーナーは独立した1人の個人事業主であり、最終的な経営判断はフランチャイズオーナーが行う必要があります。そうした判断に迷いが生じたとき、信頼のおける第三者からの情報を得ることはとても大切です。各地域の公的支援機関では、そういった情報を入手することができます。独立開業を考えていて具体的な行動に移せていないという方は、まずは各地域の公的支援機関の相談窓口に行ったり、セミナーに参加してみてはいかがでしょうか。

関連記事