佐賀で独立開業を希望する方へ 自治体サポート情報やフランチャイズ情報など

2018.11.10

フランチャイズでの独立開業を考えたとき、開業資金の調達方法やフランチャイズチェーンの選び方など、さまざまな悩みが出てくるでしょう。日本フランチャイズチェーン協会によると、2016年度のフランチャイズチェーン総数は1,335チェーンあり、その数は今でも増加し続けています。フランチャイズでの独立開業を目指すのであれば、こうした膨大な量の情報の中から自分に最も適したものを選択していかなければなりません。そのような情報の選択で迷ったときに利用したいのが、各地域の公的な支援機関です。日本では平成26年1月20日に産業競争力強化法が制定され、全国各地で起業を推進し産業を活発化させようという動きが出ています。あなたが開業したいと考えている地域が具体的に決まっているのであれば、まずはその地域の公的な支援機関のサポートについて調べてみることはとても大切です。今回は、佐賀での独立開業を目指している方を対象として、佐賀での自治体サポート情報や主なフランチャイズチェーンについてご紹介していきます。

参考サイト:佐賀県庁
(http://www.pref.saga.lg.jp/)

佐賀での独立開業について

佐賀県は九州地方で最も面積の小さい地域であり、稲作や大麦などの農業が盛んに行われている地域です。吉野ケ里遺跡などの古代遺跡が多く残っている地域であり、伊万里焼と合わせて大きな観光資源となっています。気候が非常に温暖なため、果樹栽培も盛んに行われています。佐賀県の人口分布は県庁所在地である佐賀市が最も多く、次いで交通の要所である鳥栖市、唐津市、伊万里市などに人口が集中しています。佐賀県民は非常に誠実で堅実な県民性を有しており、軽口などを嫌う傾向にあるようです。佐賀県でフランチャイズでの独立開業を考えている方は、こうした佐賀県の県民性や需要についてよく情報を集めたうえでフランチャイズチェーンを選択する必要があるでしょう。

佐賀で独立する際の支援団体や制度について

佐賀県では県内の各地域で公的支援機関によるサポートを受けることが可能です。佐賀市に拠点を置く佐賀県よろず支援拠点では、起業に関するあらゆる相談を受け付けており定期的に起業や経営に関するセミナーを開催しています。また、佐賀県内には起業や創業支援の分野においてこれまでより一歩踏み込んだサポートを行う「さがラボ・エバンジェリスト」が各地に存在し、各人の得意分野に合わせた相談を行うことが可能です。佐賀県では民間金融機関や政府系金融機関の機能を補完するものとして、創業支援貸し付けも行っています。佐賀県での独立開業を考える際には、こうした支援機関のサポートを上手く活用してより有利に独立開業できるようにしましょう。

佐賀での主なフランチャイズチェーン

ここでは、佐賀県での独立開業におすすめなフランチャイズチェーンを3つご紹介していきます。佐賀県は農業が盛んに行われている地域であり、堅実な県民性を持つ地域ですので、開業したい地域の需要についてよく調査する必要があるでしょう。フランチャイズチェーンを選択する際には、県民性や地域の需要についても加味して検討することが大切です。

Dr.直し屋

Dr.直し屋は関東を中心に日本全国で住まい家具の修理業を営むフランチャイズチェーンです。近年、環境保護やエコ精神の浸透により、新しいものを購入するのではなく今あるものを直して長く使う傾向が強くなっています。Dr.直し屋では思い出のある家具や捨てるにはもったいない家具を修理することで新品同様に再生し、再び長く使用できるようにする高い技術力を持っています。Dr.直し屋は復元・修理・補修といった8つのRe技術を生かして物を再生するRE Project (アールイープロジェクト) という計画を掲げており、資源の利用を大切にするフランチャイズチェーンです。Dr.直し屋の主な業務内容は家具の修理や再塗装、住宅リフォームであり、ハウスクリーニングの業務を請け負うことも可能です。家具を直したいけど近くに良い修理業者がないというお客様のために出張対応も可能であり、定期的なメンテナンス契約を交わすこともあります。一度依頼されたお客様からのリピート利用も多く、個人から法人のお客様、小さな家具から大きな家まで幅広く対応できるフランチャイズチェーンです。開業前には6日間に及ぶ研修を実施し、実際の施工現場を確認できるなど、業界未経験者でも高い技術を身に着けることができる環境が整っています。

ハウスコンシェルジュ

ハウスコンシェルジュは昭和36年創業の清掃用品メーカー「リスダンケミカル」が実施しているハウスクリーニング業のフランチャイズチェーンです。関東・近畿・中国・四国・九州地方でフランチャイズサービスを展開しており、現在もそのエリアを徐々に拡大しています。高齢化によるお年寄りの1人暮らしの増加や共働き世帯の増加により、「忙しくて掃除に手が回らない」「体力が衰えて掃除するのが大変」という人が年々増えており、今後ハウスクリーニング業の需要は増加していくと予想されています。また、ハウスクリーニング業は今までの家事経験を生かすことができる上に、数あるフランチャイズチェーンの業種の中でも比較的初期費用が少なくて済むため、ビジネス経験のない方でも参入しやすい業種です。その中でも、ハウスコンシェルジュは業務に必要な資材を自社製造しフランチャイズ加盟店に使用してもらうことで利益を出しており、毎月のロイヤリティがより低くなっている点がフランチャイズオーナーにとって大きな魅力です。開業前には技術や営業の研修を受けることができ、開業後は本部からの空室清掃の紹介や本部スタッフが同行して現場指導を行うなど、万全のサポート体制が整っており、業界未経験者でも安心して独立開業することができます。

クライアントパートナーズ

クライアントパートナーズは創業10年の経営実績を持ち、全国各地で便利屋業を営むフランチャイズチェーンです。晩婚化や核家族化により、今まで家族内や近所で解決できていた日常の細かな困りごとが解決できない方が増加しています。それに伴って便利屋業の需要も年々増加しており、お客様の要望によって新たなサービスが展開することもあります。クライアントパートナーズは全国的にも珍しい女性スタッフのみで構成された便利屋です。クライアントパートナーズはお客様と接する際に最も大切なこととして「心のふれあい」を掲げており、ただの便利屋としてではなくお客様の「心の癒し」となるような仕事を目標としています。そのため、掃除や料理といった基本的な家事代行サポートだけではなく、メンタルケアも主な業務です。メンタルケアでは、男女トラブルの解決サポートや婚活のサポートなど、女性スタッフのみで構成されている点を大いに利用した女性の悩みを解決するサポートが多く依頼されています。また、レンタルフレンドやレンタル家族など、お客様の要望に合わせたサービス提供をすることが可能です。その他にも税務や翻訳などの専門知識を必要とするサービスも提供しており、自身の資格や能力に合わせた働き方をすることができます。

まとめ

フランチャイズでの独立開業は、一般的に自力での独立開業よりもその成功率は高いと言われています。フランチャイズチェーンから経営面や技術面でのサポートを受けることができるため、ビジネス初心者でも効率よく利益を上げることができるためです。しかしながら、フランチャイズチェーンはあくまでサポートであり、重要な判断を行うのはフランチャイズオーナーです。そういった判断で迷ったときに第三者の意見や情報はとても参考になります。各地域の公的支援機関は、そういった情報提供の場として利用することができます。独立開業を考えていて具体的な行動に移せていないという方は、まずは各地域の公的支援機関のサポートを受けてみてはいかがでしょうか。

関連記事