岐阜で独立開業を希望する方へ 自治体サポート情報やフランチャイズ情報など

2018.10.21

中部地方の中でも広大な土地を誇り、大都市名古屋にも交通の利便性が高い岐阜。岐阜市に集中して人口が集まっていますが、世界遺産の白川郷を始め、飛騨高山の街並み、金華山、長良川の鵜飼いなど、多くの観光客も訪れています。地方経済の発展を担う意味でも、岐阜県で独立開業を考えている人のために、岐阜県の景気動向や独立開業への支援団体や制度、未経験から活躍できるフランチャイズをここで紹介していきます。

岐阜での独立開業について

東海財務局が平成30年7月に発表した岐阜県の景気動向では、個人消費は緩やかに持ち直し、生産活動は緩やかに回復し、雇用情勢は着実に改善しています。総合的にみても岐阜県の景気動向は緩やかに回復傾向にあるとしています。

岐阜県の観光客入り込み数では、平成28年に7,212万人と前年比1%増加しています。NHK大河ドラマの「おんな城主直虎」の影響もあり、岐阜城や関ヶ原跡地など、戦国時代に興味を持った人も多く訪れています。

岐阜県の人口は約200万人で65歳以上の高齢者は約58万人と29%の割合となっています。市町村別では岐阜市が約40万人で大垣市が約16万人、各務原市が約14万人、多治見市が約11万人となっており、交通の利便性が高い岐阜市で独立開業するのが得策といえるでしょう。

http://tokai.mof.go.jp/content/000206288.pdf

岐阜で独立する際の支援団体や制度について

岐阜県内で独立開業を予定している事業者を支援する団体や制度をみていきましょう。

岐阜で独立開業を支援する団体

・岐阜市創業支援ルーム
岐阜市では地域経済の活性化を目指し、独立開業者を支援しています。インキュベート施設の利用を開設しています。

http://www.city.gifu.lg.jp/7931.htm

・創業・開業相談
商工会議所では新規開業にまつわる様々な悩みや課題に対する相談を受け付けています。また、創業融資として利子補給制度を設けており、独立開業の融資にかかる利子の一部を補てんしています。

https://www.gcci.or.jp/management/foundation/index.html

・岐阜県信用保証協会
岐阜県で独立開業を希望している事業者へ向けて、独立開業の相談を受け付け、先輩創業家の紹介や創業支援融資も扱っています。

https://www.cgc-gifu.or.jp/

・よろず支援拠点
中小起業庁によって開設され、経営難に悩むことが多い中小企業のために、何度でも無料で利用できるコンサルファームを展開しています。

・日本政策金融公庫
岐阜県で独立開業を予定している事業者へ向けて、創業融資を行っているほか、事業計画の見直しや創業前後の経営相談を受け付けています。

https://www.jfc.go.jp/n/finance/sougyou/riyou/sougyoumae/

岐阜で独立開業に関する助成金や補助金

・創業補助金
岐阜県内で独立開業を考えている事業者に向けて、創業補助金が最大200万円まで支給されます。

・地域創造的起業補助金
国の経済活性化のために、地域の発展を図り、雇用の創出を促す創業プランを支援しています。補助金額は資金調達がある場合に50万円から200万円以内、ない場合は50万円から100万円以内となります。

・小規模事業者持続化補助金
従業員20人以下の製造業や5人以下の卸売り・小売・サービス業を営む小規模事業者が商工会や商工会議所と一体となって、販路開拓に取り組むことを支援しています。最大50万円を上限に補助金が支給されます。

・創業支援資金
岐阜県内で独立開業を予定している事業者に、運転資金は最大4,000万円、設備資金は最大1億円まで融資可能となっています。

岐阜での主なフランチャイズチェーン

岐阜県で未経験から独立開業できるフランチャイズチェーンを紹介(2018年8月現在)していきます。

便利屋!お助け本舗

便利屋!お助け本舗は、全国230店舗で展開し、岐阜市では1店舗のみということもあって、今後の事業拡大におけるビジネスチャンスは大いに期待できます。

消費者のニーズも多様化していますので、ファミリー層の共働き世帯や高齢者世帯が増えており、自由な時間が思うように取れない主婦層も多くいます。また、高齢者の方では、自分で行えないような作業が増えてきており、便利屋の需要は高まっています。

便利屋!お助け本舗では一人でも独立開業できる研修制度を設け、随時説明会を開催しています。本部からのサポートや近隣店舗の協力を仰ぐことができるのも本部体制がしっかりと働いているからといえるでしょう。

業務内容はニーズに応えるために多岐に渡ります。ハウスクリーニングはもちろんのこと、エアコンのメンテナンスや水回りの清掃、家具の移動にパソコンのセットアップ、害虫駆除に雪かきなど、日常生活の困りごとをサポートしています。

便利屋!お助け本舗の初期費用は約98万円です。店舗を持たない無店舗・無在庫で開業できますので、初期費用を抑えることが可能となっています。

・代理店加盟費:102,857円 (代理店加盟費用)
・開業実務研修費:71,999円 (3日間の代理店開業実務研修・営業研修費用)
・販売・書類一式:802,285円 (ホームページ制作、必要書類一式、制服一式等)

月額費用が 商標使用料として51,428円 (月額固定)となっています。

https://otasuke365.co.jp/

町の便利屋さんファミリー

町の便利屋さんファミリーは全国展開していますが、岐阜県には店舗がありません。そのため、便利屋のフランチャイズとしてエリア拡大を任されますし、何より競合店舗も少ないことから、今後の事業拡大のチャンスが大いにあります。30年という長い実績を持っていますので、長年培ってきた店舗運営に関するノウハウや加盟店へのサポートなど、手厚い支援を心がけています。

便利屋はハウスクリーニングやエアコン・水回りのメンテナンス、遺品整理、不用品の片付けといった一見素人では到底開業できないようにも思えます。しかし、町の便利屋さんファミリーは3週間に渡る研修を実施し、技術や経営の勉強をしっかりとフォローします。

町の便利屋さんファミリーの加盟店には「フランチャイズコース」「自由開業コース」と2つのコースがあります。

「フランチャイズコース」

町の便利屋さんファミリーの系列店として独立開業するコースです。技術やノウハウを提供し、必要資材のサポートを受け取れます。

初期費用…245万円で、
・加盟契約金:100万円
・研修費用:65万円
・資機材費用:60万円
・ホームページ作成費:20万円となります。

ローンを利用すれば、自己資金100万円を用意して開業することも可能です。
ロイヤリティは固定費で8万円となります。

「自由開業コース」

こちらのコースはフランチャイズには加盟せず、技術やノウハウを学びます。自分で新規開業を目指したい人や名称や経営スタイルを独自で設定したいという人に向いていますが、本部のサポートを受けることができません。
初期費用として、研修費用:65万円がかかります。
こちらもローンを利用すれば、自己資金なしから開業することも可能です。

http://www.benriyanet.com/

セブンイレブン

セブンイレブンでは全国に20,000店舗以上展開しているコンビニ業界最大手です。岐阜県には192店舗が運営されており、広大な土地を持つ岐阜県ではまだまだ店舗拡大をすることが可能です。マニュアルも完備されていますので、安心して未経験者も独立開業をすることができます。

セブンイレブンの契約タイプは2種類あり、自分で土地や建物を用意するAタイプと本部が用意するCタイプがあります。

セブンイレブンは契約期間が15年で、加盟条件として60歳以下で商売好きの健康な人で、2名での加盟が必須となります。組み合わせは夫婦や親子、兄妹、甥・姪といった三親等など、血縁のいとこも問題なりませんが、経営に専念できることが必要条件となります。

Cタイプの加盟金は250万円(税抜)となり、
・ 研修費 50万円
・ 開業準備手数料 50万円
・ 開業時出資金 150万円からなります。

店舗開業を条件に引越費用も補助しています。

Aタイプの加盟金は300万円(税抜)で、
・ 研修費 50万円
・ 開業準備手数料 100万円
・ 開業時出資金 150万円

セブンイレブンには本部負担のコストがあります。水道光熱費は80%、不良品原価の15%は本部負担となっています。

セブンイレブンでは本部支援として、OFC「オペレーションフィールドカンセラー」による経営相談や店舗運営の見直し、最低保証制度、医療見舞金・積立金・従業員業務傷害見舞金といった働く人のための制度や広告宣伝費の本部負担などがあります。

http://www.sej.co.jp/owner/keiyaku/type/

まとめ-交通の利便性が高い岐阜市で開業

岐阜県で独立開業を希望する人は、車や電車、バスで交通の利便性が高い岐阜市周辺で実施するのが望ましいといえます。高齢者向けの介護ビジネスやハウスクリーニングといった未経験でも独立開業できる職種を視野に入れ、ここで紹介した支援団体や制度を活用し、フランチャイズでの独立開業も検討するようにしましょう。

関連記事