石川で独立開業を希望する方へ 自治体サポート情報やフランチャイズ情報など

2018.10.17

北陸新幹線の開業を受けて、石川県では金沢市を中心に人の出入りが多く見受けられます。その石川県で独立開業を希望している人も少なくありません。地方経済の活性化や地域貢献を担える石川で独立開業を目指す人のために、景気動向や独立開業への支援団体、助成金制度、未経験でも活躍できるフランチャイズ情報をここで紹介していきます。

石川での独立開業について

北陸財務局が平成30年7月に発表した石川県の景気動向では、個人消費と生産活動は回復傾向にあるとし、雇用情勢は着実に改善して人手不足感が強まっているとしています。総合的にみても回復傾向にあります。

石川県の観光客入り込み数では、平成28年では2,458万人と前年比1.7%減少しましたが、北陸新幹線金沢開業前の平成26年と比べると13.8%の増加となっており、高水準を維持しています。

石川県の人口は約115万人で、65歳以上の高齢者は約32万人と約28%の割合となっています。北陸地方では高齢者の割合が少ないのが特徴といえます。市町村別では金沢市が約46万人、小松市が約10万人、白山市が約11万人となり、県庁所在地でもある金沢市近郊で独立開業するのがおすすめといえます。

http://hokuriku.mof.go.jp/content/000206053.pdf

石川で独立する際の支援団体や制度について

石川県や金沢市で独立開業する際の支援団体や制度についてみていきましょう。

石川で独立開業を支援する団体

・創業サポートデスク
石川県差産業創出支援機構では、学ぶことが多い独立開業についての知識や経営ノウハウ、事業計画の作成指導などを受け付け、各種助成金・補助金の紹介、セミナーやスクールの案内をしています。

https://www.isico.or.jp/site/sogyo/sougyou-support.html

・女性のためのほくりく起業支援ネットワーク
石川県と富山県を対象に、独立開業のあらゆる段階にいる女性起業家を支援し、創業まもない女性起業家もフォローを行っています。

・金沢市起業相談窓口
金沢市役所では独立開業の段階に応じた相談を受け付けており、必要支援情報を提供することや商業活性化アドバイザーを紹介してくれます。

・石川県信用保証協会
石川県で独立開業を希望している事業者へ向けて、独立開業の相談を受け付け、創業支援融資も最大1,500万円まで扱っています。

http://www.cgc-ishikawa.or.jp/

・よろず支援拠点
経営難に悩む中小企業のために、何度でも無料で利用できるコンサルファームです。中小企業庁が管轄しています。

・日本政策金融公庫
事業計画に見直しや起業全般における相談を受け付け、創業支援の融資も実施しています。

https://www.jfc.go.jp/n/finance/sougyou/riyou/sougyoumae/

石川で独立開業に関する助成金や補助金

・地域創造的起業補助金
地域経済の新たな需要や雇用の創出を支援し、外部資金調達がある場合には50万円から200万円以内、ない場合には50万円から100万円までを支給しています。

https://www.isico.or.jp/support/dgnet/d41125991.html

・金沢市中心市街地出店促進事業
商店街の賑わいを向上させるために、奨励金や家賃の一部を助成します。奨励金は上限50万円で家賃は上限50万円となります。

・起業チャレンジ若者支援事業
金沢市では商店街で起業を目指す若者事業者を支援しています。開業前にかかる運転資金や家賃の一部を助成します。チャレンジ奨励金の限度額は50万円で、家賃の助成金は1年目が140万円まで支給しています。また、年8回まで経営支援アドバイザーを派遣しています。

https://www4.city.kanazawa.lg.jp/17021/syougyou/kigyo/challenge.html

石川での主なフランチャイズチェーン

石川県で未経験から独立開業できるフランチャイズチェーンを紹介(店舗数は2018年8月現在)していきます。

便利屋!お助け本舗

便利屋!お助け本舗は、全国230店舗で展開し、石川県には1店舗運営しています。北陸地方にはまだまだ店舗数が少ないため、今後の需要も大きくなりつつあります。

便利屋として活動していますので、高齢者が行えないようなエアコンクリーニングや雪かき、庭の手入れなど、消費者の多様化するニーズにも対応できるように充実した研修があります。

高齢者を対象にしたビジネスにもなりますし、地域貢献型として地方経済の発展を担えます。便利屋!お助け本舗では初期費用が少ないことから、一人でも独立開業しやすくなっています。本部からの手厚いサポートもありますので、未経験からでも安心して独立開業することができるでしょう。

業務内容は、ハウスクリーニングを基本とし、家事代行や家具の移動や引っ越しのお手伝い、害虫駆除、水回りのトラブルなど専門性のある仕事もあります。

便利屋!お助け本舗の初期費用は約98万円です。店舗を持たない無店舗・無在庫で開業できますので、初期費用を抑えることが可能です。

・代理店加盟費:102,857円 (代理店加盟費用)
・開業実務研修費:71,999円 (3日間の代理店開業実務研修・営業研修費用)
・販売・書類一式:802,285円 (ホームページ制作、必要書類一式、制服一式等)

月額費用が 商標使用料として51,428円 (月額固定)となっています。

https://otasuke365.co.jp/

金沢屋

金沢屋は、襖・網戸・障子の張替を専門的に行い、全国にフランチャイズ展開しており、石川県には1店舗運営しています。すでにこの事業を専門的に行う職人は少ないので、競合店舗がありません。石川県はこれからも需要が見込めますので、事業拡大も視野にいれることが可能です。

金沢屋の業種は日本家屋が多く地方において、高齢者らが自分たちで張替を容易に行えないこともあることから、今後の需要は大きくなりつつあります。

フランチャイズ加盟を募集し、全国で説明会や相談会を実施しています。スキルに自信のない人には技術サポートがあり、経営相談も逐一行っていることから、本部の手厚いサポートを受けることができます。

金沢屋では3つの契約プランがあり、「ライトプラン」「ベーシックプラン」「ラグジュアリープラン」からなります。

「ライトプラン」

1人で独立開業を希望する人向けで、6日間の研修期間で、開業パック1名分、玄関網戸の取扱い権がセットになっています。

・加盟金:120万円(税別)
・ロイヤリティ:月8万円(税別)

「ベーシックプラン」

夫婦で独立開業したい人など、主に2名での開業を想定したプランとなり、6日間の研修期間で、開業パック2名分、襖・障子・網戸の取扱いがセットとなっています。これ以外にもブランド使用権やチラシ利用権、集客支援なども付帯しています。

・加盟金:180万円(税別)
・ロイヤリティ:月5万円(税別)
 

「ラグジュアリープラン」

2店舗運営を想定したプランで、ベーシックプランにプラスアルファがなされています。研修は4名で6日間、開業パック2店舗分がセットになっています。営業エリアも2店舗分取得することができます。

・加盟金:250万円(税別)
・ロイヤリティ:月8万円(税別)

リピーターになりやすい職種であり、金沢屋は売上の約8割が粗利ということもあって、短期で収益を出すのが可能ともいえます。

Top

oh!庭ya!

oh!庭ya!は庭の管理やメンテナンスを行うフランチャイズで、造園業を営んでいます。一見難しそうなイメージですが、本部の充実した研修制度とサポートがあるので、未経験者でも独立開業しやすくなっています。

全国各地で説明会を開催し、1つの店舗が他県に渡りエリアを拡大するなど、まだまだ店舗数が不足していることがわかります。

庭は個人宅を主にメンテナンス・管理をしていきますので、失礼のないような接客態度も問われます。高齢者の利用も多いので、地域貢献型ビジネスとして地方経済の発展にも貢献できます。

スキルに自信がない場合は、直営店舗で勤務するのも可能です。

oh!庭ya!は2通りの加盟タイプがあり、店舗を持つ「ショップ加盟」と無店舗タイプの「サテライトショップ加盟」となります。

「ショップ加盟」の開業資金は約134万円で、

・加盟金:100万円(税抜)
・web登録費:7万円(税抜)
・研修費:14.8万円(税抜)
・指定用品:8.5万円(税抜)※ユニフォーム、名刺、消耗品、販促品など
・車両ロゴシート: 4.5万円(税抜)

「サテライトショップ加盟」の開業資金は約67万円で、

・加盟金:28万円(税抜)
・web登録費:7万円(税抜)
・研修費:19.8万円(税抜)
・指定用品:8.万円(税抜)※ユニフォーム、名刺、消耗品、販促品など
・車両ロゴシート: 4.5万円(税抜)

また、ロイヤリティは月額固定10万円(税抜)となっており、これには広告宣伝費が含まれています。

http://oh28yafc.com/

まとめ-創業サポートデスクを活用し、未経験からFC加盟で独立

北陸新幹線の開業需要も続き、景気回復傾向にある石川県では、独立開業をするのに人口が集中している金沢市が最も集客面で期待がもてます。創業サポートデスクなどの支援制度を有効活用し、未経験でも独立開業可能なフランチャイズチェーンに加盟していくのが得策といえるでしょう。

関連記事