富山で独立開業を希望する方へ 自治体サポート情報やフランチャイズ情報など

2018.10.16

多くの観光客でにぎわう富山県では、独立開業を希望する人もいることでしょう。まずは富山県の情勢を汲み、各種制度を網羅しておく必要もあります。高齢者も多いので、地域貢献型の介護ビジネスで集客を狙うことも可能です。富山で独立開業を希望する人のために、ここでは富山の景気動向や独立開業への支援団体・制度、未経験でも活躍できるフランチャイズ情報を紹介していきます。

富山での独立開業について

北陸財務局が平成30年7月に発表した富山県の景気動向では、個人消費は回復しつつ、生産活動は拡大しており、雇用情勢は着実に改善しているとしています。総合的にみても回復していることがうかがえます。

富山県の観光客入り込み数では、3,641万人となり前年比3.2%増加しています。外国人観光客では観光プロモーションの効果もあって282万人と前年比3.1%と大幅に増加しました。平成27年の北陸新幹線の開通効果を維持できていることがうかがえます。

富山県の人口は約106万人で、65歳以上の高齢者は33万人と約31%の割合となっています。その内富山市では約40万人の人口がいますので、県内で4割を占めていることから、富山市で独立開業するのがベストといえるでしょう。

http://hokuriku.mof.go.jp/content/000205994.pdf

富山で独立する際の支援団体や制度について

富山で独立開業を支援する団体

・創業ビジネススクール
富山商工会議所では今後独立開業を希望する事業者向けに、事業計画やビジネスプランの見直し、交流会を含んだ勉強会を開催しています。

・富山市【少人数制】企業・開業勉強会
起業までの流れや事業プランの考え方、融資の申請方法、販路開拓など、経営に関するテーマを軸に勉強会を実施しています。

・ここからキラめくための小規模座談会「ここ★キラ」
起業に興味を持っている女性と先輩女性起業家との交流を図るために、座談会を開催しています。女性のみ応募可能です。

・富山県信用保証協会
富山県で独立開業を希望している事業者へ向けて、独立開業の相談を受け付け、創業支援融資も最大1,500万円まで扱っています。

http://www.cgc-toyama.or.jp/03seido/03-030intend.html

・よろず支援拠点
経営難に悩む中小企業のために、何度でも無料で利用できるコンサルファームです。中小企業庁が管轄しています。

・日本政策金融公庫
事業計画に見直しや起業全般における相談を受け付け、創業支援の融資も実施しています。

https://www.jfc.go.jp/n/finance/sougyou/riyou/sougyoumae/

富山で独立開業に関する助成金や補助金

・創業・ベンチャー挑戦応援事業
県内で独立開業を予定している事業者や創業間もない事業者に向けて、地域活性化に貢献する事業計画を支援しています。製造・建設業では最大200万円、卸・小売・飲食・サービス業では最大100万円を助成しています。

・若者・女性・シニア創業チャンレンジ支援事業
富山県新世紀産業機構では、県内で独立開業を考えている事業者に対し、優秀なビジネスプランに経費の一部を助成します。製造・建設業では最大200万円、卸・小売・飲食・サービス業では最大100万円となります。

https://www.tonio.or.jp/josei/wakamono/

・創業支援資金
中小企業の事業主を支援する制度で、設備資金や運転資金で最大3,500万円まで融資可能となります。

・小規模企業等経営支援短期資金
従業員50人以下の小規模事業者の資金繰りが円滑に行えるように、最大600万円の融資を受け付けています。

富山での主なフランチャイズチェーン

富山県で独立開業を未経験からできるフランチャイズチェーンを紹介(店舗数は2018年8月現在)していきます。

おそうじ本舗

富山県に3店舗展開しているおそうじ本舗は、業界大手のハウスクリーング事業を運営しています。少子高齢化社会において、女性の社会進出も盛んになっていますので、ハウスクリーングや家事代行サービスの需要は年々向上しています。

おそうじ本舗の業務内容は、キッチンや浴室、トイレにフローリングなども清掃するハウスクリーニングや、洗濯や料理、買い物を代行する家事代行サービス、エアコンクリーングやカーペットなどをクリーングするオフィスクリーニングがメインとなっています。

おそうじ本舗では個人契約と法人契約に分かれ、フランチャイズ契約は両方とも2年間となり、全国で独立開業可能となります。おそうじ本舗では個人契約の対象条件は20歳から65歳位までで、普通自動車免許が必要となります。

開業資金は約260万円で、
・加盟金:20万円
・保証金:20万円
・研修費:44万円
・器材費:155万円
・開業支援チケット:5万円
・システム使用料:15万円となっています。
また、開業後の資金として、ロイヤリティ6万円(税抜)が固定費として発生します。

器材費が高くなりますが、おそうじ本舗ではその分しっかりとした研修制度があるので、需要を見込めるスキルを磨くことが可能です。営業には本部社員も同行してくれますので、未経験者を野放しにするようなフランチャイズ本部ではありません。店舗が不要というのも開業後のコストを考えても、利益面で安心できる材料といえます。

https://www.osoujihonpo-fc.com/

Benry(ベンリー)

生活支援サービスを展開しているBenry(ベンリー)は、愛知県に本社を置く株式会社ベンリーコーポレーションが運営しています。富山県には2店舗開業しており、今後の需要が見込めます。

ベンリーは未経験者でも免許不要で独立開業できるのがメリットとしてあり、個人向けの便利屋から法人・店舗へのクリーニングサービスも展開しています。業務内容は「ハウスクリーニング全般」「エアコンや水廻りのメンテナンス」「庭の手入れや管理」「家具の移動や引っ越しサービス」「防犯・防災サービス」などがあります。富山県は冬に雪が降りますので、雪かきの仕事が多く舞い込みます。

高齢者向けの事業ともいえるので、ベンリーでは地域に貢献する役割があり、人のためになる仕事を提供していることもあって、非常にやりがいのある仕事といえます。

ベンリーでの開業資金は440万円で、
・加盟金:150万円
・教育費必要機材購入:230万円
・研修費:60万円となります。

ベンリーでは独立開業前後でも手厚いサポートを受けられます。じっくりと勉強できる研修期間があり、ベンリーが所有している物件で実地研修できるのは未経験者にとっては強みといえます。

高齢化と女性の社会進出によって便利屋の需要は高まり、1店舗のみならず、複数店舗の経営も視野に入れておくのもフランチャイズ展開の楽しみといえるでしょう。

http://www.benry-fc.com/

便利屋!お助け本舗

便利屋!お助け本舗は、全国230店舗で展開し、新潟県には2店舗を運営しています。どんなことでも、困っていることがあれば、解決に取り組むのが便利屋!お助け本舗といえます。

お助け本舗では初期費用が抑えることができるので、1人でも簡単に独立開業することが可能です。少子高齢化に伴い、女性の社会進出が盛んになっていますので、ハウスクリーングや家事代行など、ファミリー層にも需要のある仕事が多くあります。

新潟県は豪雪地域にもなりますので、冬季は雪かきの仕事が舞い込むことがあり、夏場の内に前もって営業しておくことで、一年中を通して集客を見込むことができます。

便利屋!お助け本舗では本部のサポートも手厚く、1人で開業していると24時間に対応できませんが、本部が代わりに応対してくれます。

便利屋!お助け本舗の初期費用は約98万円です。店舗を持たない無店舗・無在庫で開業できますので、初期費用を抑えることが可能となっています。

・代理店加盟費:102,857円 (代理店加盟費用)
・開業実務研修費:71,999円 (3日間の代理店開業実務研修・営業研修費用)
・販売・書類一式:802,285円 (ホームページ制作、必要書類一式、制服一式等)

月額費用が 商標使用料として51,428円 (月額固定)となっています。

高齢者にも需要がある仕事ですので、地域貢献型ビジネスとして人のためになりますから、やりがいもでてきます。

https://otasuke365.co.jp/

まとめ-高齢者向けのビジネスが最適

観光客も増加して、景気動向も回復傾向にある富山県では、独立開業を展開するのに富山市周辺が最適といえます。高齢者の割合が多いので、ここで紹介してきた支援制度を活用していき、フランチャイズチェーンも視野に入れながら、ファミリー層や介護系にも強い高齢者向けのビジネスを展開していくことが成功のカギとなります。

関連記事