独立開業時の挨拶など、文章やお祝い文の用意について

2018.07.31

独立開業する場合には、友人・知人・仕事仲間などに開業の挨拶状を送るのが一般的です。

日ごろの感謝の気持ちを伝える意味からも、きちんと独立開業の報告として作成しましょう。開業したことをなるべく多くの人に知ってもらうことで、直接的・間接的に仕事に繋げていくこともできます。

フランチャイズでの独立開業の方も、挨拶状は周りの人に開業の報告するためのものなので、ぜひ送りましょう。

また、自分自身の独立開業ではなく、身近な人が独立開業することもあります。そんな時は、ぜひお祝い文を送りましょう。独立開業した者同士であれば、特に激励の気持ちを込めてお祝いをしてあげたいものです。

今回は、独立開業時の挨拶状やその文面例、また、独立開業した人に向けたお祝い文について解説します。ぜひ参考にしてみてください。

開業の挨拶状の送付先と時期

独立開業にあたり、挨拶状を送りたいけれど、誰にいつ送ったらいいか迷う方も多いでしょう。そこで、独立開業する場合の送付先と時期について解説します。

1.独立開業の挨拶状を送る相手

独立開業の挨拶状は、以下のような人に送るといいでしょう。

  • 親族
  • 開業にあたって支援・協力してくれた人
  • プライベートでの友人・知人
  • これまでに勤めていた会社の上司・同僚

独立開業の挨拶状は、これまでにお世話になった方に幅広く送ることで、営業ツールにもなります。

2.挨拶状は開業前に届くようにする

独立開業にあたっての挨拶状は、開業前に相手に届くようにしましょう。飲食店など店舗の場合には、オープニングイベントに招待することもオススメです。

目安として、営業開始2〜3週間前に届くようにしましょう。

開業の挨拶状の送り方

独立開業の挨拶状は、従来は郵送が基本でしたが、現在ではメールSNSで送るケースも多くあります。それぞれメリット・デメリットがあるので、送る相手によって送付方法を変えるというのもオススメです。

郵送

郵送は一番丁寧で、どんな方にも失礼のない送り方です。特に目上の方正式な顧客への挨拶状は、郵送で送ることをオススメします。

最近では、挨拶状の印刷を簡単・格安でできるサービスも多いので、郵送の場合には検討してみましょう。

郵送のデメリットとしては、送付の準備に手間がかかることと、費用がかかることが挙げられます。

メール

メールを使うと、郵送より手軽に挨拶状を送ることができます。友人仕事仲間元同僚への送付は、メールでも問題ないでしょう。

文面をきちんと整えると、独立開業の挨拶状として認識してもらいやすくなります。

メールにはホームページのリンクを貼れるので、内容に興味を持ってもらいやすいというメリットもあります。

SNS

最近では、SNSのみで連絡を取り合っている友人や知り合いがいる方も多いのではないでしょうか?そのため、SNSで開業を報告するという方法もあります。正式な挨拶状とSNSでの報告を合わせて行うと、より効果的に開業の報告ができるでしょう。

ただ、SNSはさまざまな人が見ているので、公開範囲や投稿のタイミング、内容についてよく検討することをオススメします。

開業の挨拶状の文章

独立開業にあたって送る挨拶状には、以下のような内容を書くといいでしょう。

  • いつ開業するか
  • 事務所や店舗の所在地
  • 事業内容
  • 連絡先

こういった報告の内容とともに、日ごろの感謝の気持ち今後の抱負を盛り込むと受け取った相手の印象が良くなります。また、時候の挨拶や相手への気遣いの言葉も添えて、ビジネスマナーを参考に書くことも忘れないようにしましょう。

開業の挨拶状の文例2選

独立開業を予定している方に向けて、開業の挨拶状の文例を2つご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

挨拶状には、句読点を打たない方が正式という説があるので、その慣例に沿っています。

挨拶状文例1

謹啓 〇〇の候 皆様にはますますご隆盛のこととお慶び申し上げます

さて このたび兼ねてより準備いたしておりました「〇〇事務所」を◯月◯日より開業する運びとなりました
皆様から信頼していただくことを第一目標にして日々精進してまいりますので ご指導ご鞭撻を賜りますよう心からお願い申し上げます

まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます
 
 ◯◯年◯月吉日                               敬具

挨拶状文例2

謹啓 青葉若葉の爽やかな季節になりましたが ますますお健やかにお過ごしのことと存じます

さて このたび◯◯株式会社を円満退職し ◯月◯日より「◯◯◯◯」をオープンする運びとなりました
このうえは ◯◯◯◯をコンセプトにご家族で楽しめるようなお店となるよう歩を進めてまいりますので 末長くご愛顧を賜りますよう心からお願い申し上げます

まずは 略儀ながら書面をもちましてご挨拶申し上げます
 
 ◯◯年◯月吉日                               敬具

独立開業のお祝い文は必要?

開業のお祝い文とは、独立開業した人に向けて送るお祝いのメッセージのことです。開業する方の門出を祝い、ぜひお祝いの言葉を送りましょう。

独立開業すると、不安な気持ちや心細さを感じていることもあります。そのため、そんな時に友人や仲間からお祝い文をもらって、励まされた、元気をもらったというケースもよく聞きます。

独立開業した人に向けて、ぜひ応援メッセージや励ましの言葉を伝えてください。

独立開業のお祝い文の文例3選

お祝い文は、書面で送るかメールで送るかによっても文面は変わってくるでしょう。また、相手との関係性に合わせて言葉遣いをカジュアルにするなど、アレンジしてみてください。
相手の心に残るような、新しい門出にふさわしい言葉遣いを心がけましょう。

独立開業のお祝い文の文例を、3つご紹介します。
開業仲間や身近に開業予定の人がいる場合には、ぜひ参考にしてみてください。

お祝い文例1

ご開業(ご開店)おめでとうございます。
念願の独立を果たし、感慨もひとしおのこととお喜び申し上げます。
今後ますますのご繁栄を祈念いたします。

お祝い文例2

ご開業(ご開店)、誠におめでとうとございます。
今日この日を迎えられましたのも、ひとえに◯◯様のご努力の成果と、
心よりお祝い申し上げます。

お祝い文例3.

開業(開店)おめでとう。ついにこの日を迎えられましたね。
日頃からの努力の賜物と感服しています。
今後も体に気をつけて頑張ってください。
これからますますのご発展をお祈りしています。

まとめ

独立開業時の挨拶状やその文面例、また、独立開業した人に向けたお祝い文について解説しました。いかがだったでしょうか?

独立開業は、人生の大きな転機・門出にあたります。挨拶状は開業の報告だけでなく、日ごろの感謝の気持ちや今後の抱負を伝えるためにも、関係する方に幅広く送りましょう。

最近では、郵送だけでなくメールやSNSでの挨拶も行われています。それぞれのメリット・デメリットを把握して、相手との関係性や状況に合わせたり、送り方を組み合わせたりすると、より効果的に相手に伝えることができるでしょう。

挨拶状は直前になると慌ててしまい、送るのが遅くなってしまうことが多くあります。独立開業を予定している方は、挨拶状について早めに考えておくことをオススメします。

また、独立開業した人に向けて、お祝い文を送ることも大切です。開業という門出を祝って、激励の言葉や応援メッセージを送りましょう。

関連記事