独立開業のよくある質問その11 独立開業して、すぐにWebサイトを作った方がいい?

2018.07.27

独立開業のよくある疑問として、独立開業してからすぐにWebサイトを作った方がいいのか、ということがあります。

よく、独立開業に関する書籍や成功者の体験談として、Webサイトはすぐに作った方がいいという声をよく耳にします。ただ、Webサイトが独立開業にどんな風に役立つのか疑問を抱える方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、独立開業の際にWebサイトを作るメリットやコツなどをご紹介します。独立開業を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

独立開業にあたりWebサイトは作った方がいい

事業内容にもよりますが、現代ではWebでの集客はとても重要です。そのため、独立開業にあたり自分の会社やお店の公式Webサイトを用意しましょう。Webサイトがあることで、きちんと運用すればかなり効果的に顧客を獲得することができます。
しかし、ただ作っただけでは人の目に触れず、集客的な意味も持たないためその点には注意が必要です。

フランチャイズでの独立開業の場合には、本部の公式サイトに加盟店として載せてもらえたり、独立開業のプランの中にホームページ運用代として含まれていたりするケースが多くあります。活用できる場合にはぜひ活用しましょう。

また、外注でWebサイトの運用を第3者にお願いするという方法もあります。

独立開業にあたっての業種やコンセプトなどを含めて、 Webサイトの運営の仕方についてもよく検討してみましょう。

Webサイトのメリット:集客につながる

Webサイトを作ると、サイトを見た人からの仕事受注に繋がります。
そのため、Webサイトには提供できるサービスの内容や金額、自分の会社・お店のコンセプト、プロフィールなどを掲載しておくといいでしょう。

また、業務の実績を掲載することで、世界に向けて発信することもできるので、その実績からさらに仕事依頼が増えることもあります。

24時間受付可能

Webサイトが集客ツールとしてうまく機能してくれると、自分から仕事をゲットするために動く手間を省くことができます。

Webサイトにお問い合わせフォームを設定しておくと、自分の時間や労力を使うことなく、365日24時間受付可能な窓口となってくれます。

紙媒体に比べて低コスト

集客にWebサイトを使うメリットとして、時間と労力の節約だけでなくコストが低く抑えられるという点も挙げられます。

従来の集客方法として広告やチラシがありますが、こういった媒体と比べてWebサイトによる集客は、低予算で効率良く宣伝を行うことができます。

簡単に修正・変更ができる

広告やチラシと違い、Webサイトでは内容の修正や変更が簡単にできることもメリットとしてあります。

独立開業にあたって、意気込んでチラシを作ったものの、実際に事業を行ってみて内容やサービス、金額に変更があったという例は多く聞かれます。そんな時、Webサイトであれば簡単に修正することができ、そういった意味でも使いやすい集客ツールといえます。

集客に繋がるWebサイトの作り方

せっかくWebサイトを作るのであれば、集客に繋がるWebサイトにする必要があります。では、どのようなWebサイトを作ると集客に繋がるのでしょうか?
集客に繋がるWebサイトの作り方について、ご紹介します。

SEO対策

まず、Webサイトを多くの人に見てもらう、知ってもらう、訪問してもらうということが必要になります。そのためには、「SEO対策(検索エンジン対策)」を行うことが大切です。

日本で多く使われている検索サイトの「Google 」の仕組みの中に、インターネット上の情報を自動的に集めて、分析・分類しているシステムを検索エンジンと呼びます。

SEO対策には諸説ありますが、多くの人が検索するようなキーワードや内容でWebサイトを作ることが求められます。

ユーザーの立場になって考える

Googleはモットーとして、検索した人にとって役立つ情報を提供するということを掲げています。そのため、 集客に繋がるWebサイトを作るためには、ユーザーの立場になってどんな悩みや疑問を抱えているのか、何を求めているのか、という点を考えることが重要になります。

ユーザーはどんなキーワードで検索するか、イメージしながらWebサイトを作るといいでしょう。そのキーワードと自分の会社やお店のイメージを組み合わせて、魅力を伝えられるWebサイトを作れると強みとなります。

Webサイトは独立開業前に準備できると余裕ができる

独立開業前後には、さまざまな準備ややるべきことがたくさん出てきます。

そのため、Webサイトを独立開業前の余裕がある時に準備できるといいでしょう。独立開業前にWebサイトを公開・あるいはいい状態までできていると、他の準備にじっくりと行うことができるので、ぜひ取り組んでみてください。

どんなサイトにするのか、イメージを膨らませながら作成していくうちに、独立開業の展望や課題が浮き彫りになるというケースも見られます。そのくらい、Webサイトは独立開業に重要なものといえるでしょう。

SEO対策の効果を得るには時間がかかる

Webサイトからの集客に必要な「SEO対策(検索エンジン対策)」についても、効果が出るまで3〜6か月くらいの期間がかかるといわれています。SEO対策も集客もすぐには効果が出ないため、早めに作ることで試行錯誤の時間がとれることもメリットといえるでしょう。

独立開業前にブログを始めるのもオススメ

独立開業した人の中には、開業前にブログを始めておけばよかったという声をよく耳にします。会社勤めの人にとって、ブログが仕事にどんな関係があるの?と思う方もいらっしゃるでしょう。

ブログできちんと読む人に役立つような内容を書くことができれば、着実に事業の基盤とすることができます。ブログがきっかけで自分のことや自分の会社・お店を知ってもらい、仕事に繋がったということは少なくありません。

また、ブログを通じて知り合いや仲間を増やすことができ、仕事の幅が広がっていくというメリットもあります。ブログは自分がどんな人なのか、どんな事業を提供しているのかアピールする場として有効です。

独立開業を考えている方は、ぜひブログを始めることを検討してみましょう。
同業種ですでに開業している人のブログが見つかれば、やり方を真似してみることもオススメです。

まとめ~Webサイトは集客のため必要

独立開業のよくある質問である、独立開業して、すぐにWebサイトを作った方がいい?という疑問に対しての答えとしては、作った方がいいといえるでしょう。

ただ、Webサイトは作るだけではなく運営の目的を明確にすることが大切です。

集客、自分の会社・お店の魅力を伝えられるなど、Webサイトを作るメリットはたくさんあります。Webサイトと合わせて、ご自身のブログを運営していくことでも、より戦略的・効率的にビジネスに繋げていけるためオススメです。
そのためには、Webサイトやブログを読む人の立場になって作っていく、書いていくという姿勢を身につける必要があります。

独立開業には、様々なジャンルの事業・サービスがありますが、Webサイトは全てに共通して必要なものといえます。独立開業に向けて、成功している人のWebサイトを参考にしたり、研究したりすることで自身のWebサイト開設に役立ててみましょう。

関連記事