フランチャイズと業務提携、業務委託の違い

2018.07.14

現在すでに独立開業し、自分のお店を持っている方も、新たな経営形態を考えている人も多いのではないでしょうか。それは、現在自分がどんな業種でお店を出しているのかにもよりますし、これからお店をどのようにしていきたいかという将来像にも関わってきます。

今、コンビニチェーンをはじめ様々な業種で多いのがフランチャイズ。そして、多くの人が耳にしたことがある業務委託業務提携。では、フランチャイズと業務提携、業務委託の違いをご存知でしょうか。それを知るにはまず、各々がどのような経営形態なのかという点を知る必要があります。特に業務委託と業務提携はしばしば混同されがちです。

今回はこのフランチャイズ、業務提携、業務委託を詳しく説明していきます。

フランチャイズとは

フランチャイズ本部(フランチャイザー)からフランチャイズ加盟者(フランチャイジー)に対して、「フランチャイズ・パッケージ」と呼ばれる、その企業や商品の商標権や営業ノウハウが提供されます。フランチャイジーはそれに対してロイヤリティを対価として支払う契約で成り立つ事業契約のことを、フランチャイズと言います。

費用負担と利益

フランチャイズに加盟する為の加盟金、出店に際してかかる費用はすべてフランチャイジーの負担となります。また、毎月フランチャイザーに対してロイヤリティを支払う必要があります。

フランチャイジーの利益は、売上高から商品の仕入高を引き、そこからロイヤリティと経費を差し引いたものになります。

メリット

経営ノウハウが用意されていることで、独立未経験者でも安心して店舗経営ができます。また、ブランドイメージを引き継ぐことができますので、自分で一から知名度を上げる必要がそれほどなく、初期段階から安定した経営を期待できます。

デメリット

加盟金やロイヤリティなど、独自に店を出す場合には必要のない費用が発生するので、その負担が大きいというのがデメリットになります。

また、経営方針や方法などはフランチャイザーが決定し、フランチャイジーは原則それに従う必要がありますので、より自由な経営を望む人には窮屈に感じる可能性もあります。

業務提携とは

業務提携とはある特定の分野に限り複数の企業がお互いに協力関係を結ぶことを指します。提携方法としては、技術開発や技術の供与、資材調達や販売促進など様々な方法があります。

法律に関しては明確な定義や位置づけがありませんが、協力関係を結ぶので企業同士は対等な立場となります。

費用負担と収益

提携事業の遂行に必要な費用の負担はどちらがするのか、そして利益はどう分配するのかというのは全て契約によって決められます。

提携事業で得た収益は、ほとんどの場合が費用負担の程度によって決められます。なぜなら、費用負担の大小は、事業遂行への影響の大小に関わってくるからです。つまり、負担する費用の額が多くなるほど、収益も多く分配されるという契約を結ぶことが多いということです。

メリット

業務提携の最大のメリットは、自社だけでは難しいあるいは苦手な分野を、違う企業と協力することで、より大きな成果を出すことが可能になる点です。協力する内容も契約で取り決めることができるので、各々の立場や独自性はそのまま保つことができます。

また、既に所有している技術や物資、人材を提供し合うことで、コストやリスクを抑えることが可能になります。そして、より短期間での成果を期待できるのも、業務提携のメリットと言えるでしょう。

デメリット

業務提携において最大のリスクは、自社独自の技術やノウハウなどの情報の流出です。相手の会社が故意に、というケースも可能性としてはありえますが、情報管理の扱いの違いなどの人為的ミスで漏洩されてしまうケースも充分考えられます。

また、情報漏えいをされる側ではなく、自社が「してしまう」側になってしまう可能性もあります。この場合は、自社の信用がなくなるだけでなく、訴訟などにまで発展すること考えられます。

業務委託とは

業務委託とは、社員やアルバイトとして企業に雇われて働くのではなく、企業から業務の依頼を受け、その依頼ごとに契約を結ぶことです。業務委託契約を結ぶのはフリーランスなどの個人で活動している人たちも多く、雇用関係ではないので企業と同等の立場で契約を結ぶことになります。

ちなみに、業務委託を依頼する側を委託者、依頼を受ける側を受託者と言います。

費用負担と利益

依頼された業務を遂行する際に、何らかの費用が発生することがあります。その場合の費用を、委託者と受託者のどちらが負担するかは、一般的には「委託契約履行の義務を追う当事者」つまり受託者の負担となります。これは民法に規定されています。

例外として、委託者が不要負担の義務を負う場合があることも民法の中に書かれていますが、その範囲や定義は明記されていません。契約を交わす際に、当事者同士で取り決めることが重要となります。

利益に関しては、受託者にとっては委託者から支払われる報酬が利益となります。委託者にとっては、受託者が業務を履行した成果物に対して発生する売上などが利益となります。

受託者のメリット

業務委託として働くメリットとして、自分の専門性を活かすことが可能である点が挙げられます。専門性が高くなればなるほど、他の人にはできない仕事を受けることができますので、高収入を得ることができるのです。

また、業務の内容によっては在宅勤務ができたり、休日を自分で決められたりと自由度が高い傾向にあります。自分のペースで仕事ができたり、職場の人間関係に悩まされることがなくなるので、ストレスが少なくなる人もいます。

委託者のメリット

業務委託をする企業側の最大のメリットは、高い専門性をもった人材を低コストでスピーディーに確保することができるところです。専門性が高い人材を企業が一から育てようとするとかなりの教育コストがかかります。先程、受託者は専門性が高いほど高収入と書きましたが、企業側からすると、ほぼ委託者に払う報酬コストだけの負担となりますので、結果的に低コストとなるのです。

デメリット

前述した通り、業務委託は雇用関係を結ぶわけではなく、企業と独立した事業主という関係になります。ですので、雇用関係では適用される労働基準法などの労働者側を守ってくれる法律が適用されません。つまり、過度な労働が発生しても、受託者を保護する法律がないということです。業務内容と自分の技術力や生活スタイルとのバランスをよく考えて、業務委託契約を交わすことが重要となります。

また、会社員であれば不要な税金の申告なども自分で行わなければならなくなりますので、そういった知識を身につける必要があります。

まとめ~フランチャイズと業務提携、業務委託の違い

フランチャイズ、業務提携、業務委託の違いは理解できたでしょうか。この3つの大きな違いは、企業の加盟店となるのか、企業と協力するのか、企業から仕事をもらうのか、という企業との関わり方です。

フランチャイズは加盟店となりますので、企業(フランチャイジー)のブランドイメージや経営方針、ルールをそのまま受け継ぐことになります。業務提携は、特定の分野だけでの協力関係ですので、自らの立場やイメージを変えることはありません。業務委託はその企業の仕事を請負うので、企業の意に沿った仕事をすることが求められます。

独立開業を考えたときに、今まで専門性の高い仕事をしていた方は業務委託を、未経験だけれども異業種にチャレンジしてみたい方にはフランチャイズを、持っている資材を活かして新たな分野で利益を上げたい方には業務提携がおすすめです。

関連記事