独立開業を目指すあなたへ

独立開業した会社員のイメージ

独立開業とは?失敗しないためのHowTo

「人に使われるのはもう嫌だ。独立したい」会社員であれば誰しも一度はこのように思ったことがあるのではないでしょうか。しかし独立開業には様々なものが必要です。そこで独立開業に関するあれこれをまとめてみました。これから独立開業を行う方、ちょっと独立開業をしたいなと考えている方、ぜひご覧ください。

独立開業のHowToはこちら

「フランチャイズ」という選択肢

独立開業に関して触れる中でフランチャイズを本サイトでは押してみようと考えております。それは企業の持つノウハウを共有してもらえるブランド名の周知が容易にできるなど多数メリットがあるからです。 もちろんロイヤリティなどデメリットもありますが、その点も含めまとめてみましたので、ぜひご覧ください。

フランチャイズについてはこちら
「フランチャイズ」という選択肢
独立開業した会社員のイメージ

独立開業とは?失敗しないためのHowTo

「人に使われるのはもう嫌だ。独立したい」会社員であれば誰しも一度はこのように思ったことがあるのではないでしょうか。しかし独立開業には様々なものが必要です。そこで独立開業に関するあれこれをまとめてみました。これから独立開業を行う方、ちょっと独立開業をしたいなと考えている方、ぜひご覧ください。

独立開業のHowToはこちら
「フランチャイズ」という選択肢

「フランチャイズ」という選択肢

独立開業に関して触れる中でフランチャイズを本サイトでは押してみようと考えております。それは企業の持つノウハウを共有してもらえるブランド名の周知が容易にできるなど多数メリットがあるからです。 もちろんロイヤリティなどデメリットもありますが、その点も含めまとめてみましたので、ぜひご覧ください。

フランチャイズについてはこちら

無資格で可能なフランチャイズ

最新の「独立開業」コラム

独立開業する場合には、友人・知人・仕事仲間などに開業の挨拶状を送るのが一般的です。 日ごろの感謝の気持ちを伝える意味からも、きちんと独立開業の報告として作成しましょう。開業したことをなるべく多くの人に知ってもらうことで、 […]

独立開業を目指す方の中には、もし失敗したら再就職して会社員に戻りたいけれど、戻れるか不安と感じている方も多いでしょう。 実際に、独立開業に失敗して会社員に戻るというケースは少なくありません。 そもそも独立開業で成功する確 […]

独立開業するにあたって、家族はもちろん、両親、親族などの身近な人に相談や報告、協力をお願いすることがありますね。独立開業への気持ちをこれまで伝えていなかった場合には、突然の話に驚かれてしまうこともあるでしょう。今後の生活 […]

おすすめフランチャイズ情報

フランチャイズ⼀覧
今すぐ独立開業したい方へ!フランチャイズ⼀覧

本サイトでおすすめするフランチャイズサービスを紹介しています。
運営会社・オーナー募集エリア・開業資金・収益例・詳細ページのボタンなどが記載、または設置されていますので、開業前の情報収集としてご活用ください。 詳しくはこちら

フランチャイズ運営企業一覧
独立開業を検討中の方へ!フランチャイズ運営企業一覧

本サイトでおすすめするフランチャイズを提供している企業を紹介しています。フランチャイズサービスの運営会社の資本金や経営者、売り上げを記載していますので、開業前の情報収集としてご活用ください。 詳しくはこちら

「独立開業」「フランチャイズオーナー」を目指している皆様へ

2018年現在、10年前のリーマンショックが嘘のように景気向上という話が、メディアを通じて流れてきています。
しかし、果たしてそれを肌身で感じている方は何人いらっしゃるでしょうか?

残念ながら一部の大手を除き賃金は据え置き、その代わりにデフレ脱却ということで物価だけが徐々に上昇するという、サラリーマンには、それほどメリットを享受できない時代となっています。
また、近年叫ばれる働き方改革の呼びかけの下、一見残業や就業環境が改善されているかのようにみられますが、結果それに伴い残業代分の給与額が下る、無茶な構造改革で逆に精神的負担が増えるなど、本末転倒な話も見受けられます。

本サイトはそんな時に誰しもが思う「独立してサラリーマンを辞めてやる!」「自分の会社で自由な時間で働いてやる!」という声に応じ、独立開業や本サイトが進めるフランチャイズに関する各種情報をまとめています。

「独立開業」について考えてみた

そもそも独立開業とはどういうことなのでしょうか?

開業とは (参照:goo 辞書

  1. 新しく事業や商売を始めること。「病院を開業する」
  2. 事業や商売をしていること。「開業中」

ということです。「(何かから)独立し、新しく事業や商売を始めること」が独立開業ということですね。
とはいえ、この意味が分かったところで新たな発見は少ないです。
そこで、まずは独立開業を大雑把にとらえてみます。
詳しいことにはあまり立ち入らずに、なるべくシンプルに「独立開業は〇〇である」と記載説明していきます。

独立開業はよいことである

独立とは組織から離れることです。
組織の一員である限り、会社や株主から指示されたものごとを行うこととなります。
「誰からも指示されず、自分のスキルと才能だけで食べていきたい」と考えている人なら、明らかに精神的ストレスからも解放されるでしょう、ただ「よいこと」は必ずしも「楽しいこと」「楽なこと」と一致するわけではないことは覚えておく必要があるでしょう。

独立開業することは簡単である
独立開業することはとても簡単です。
会社を辞めて、開業届を提出するだけです。これだけで独立開業できます。
「開業届を出す→仕事をする→報酬をもらう→税金を払う」
独立開業で働くことはとてもシンプルでこれだけしかありません。
独立開業には失敗がつきものである
簡単なだけに失敗もしやすいです。
独立開業をするときは、「失敗するかもしれない」と考えておいたほうがいいでしょう。
その上で、失敗したときのリカバーを検討しておきましょう。
独立開業は起業への一歩目である
会社を設立することを起業といいますが、独立開業は起業の最初の一歩になります。
起業は、1人ではできない大きな仕事を、仲間や労働者を集めてなし遂げる手段です。
そのため起業を志す人はまずは会社を辞めて独立開業し、世間の荒波を体験するのです。

どうでしょう、少し独立開業がどういうことか見えてきたのではないでしょうか?
独立開業自体はいいことである、そして簡単なことである、ただし、失敗はしやすい。
失敗せず進めた人だけが次のステップの起業に行き着くということです。

「独立開業」のため、「退職」「脱サラ」をするとき

上記に記載したとおり、独立開業をするにはいずれかの組織から離れる必要があります。
つまり「退職」「脱サラ」を行うということです。
とはいえ、退職、脱サラと聞くとちょっと物騒なイメージを抱く人も少なくないでしょう。

それはなぜでしょうか?
おそらくこちらを拝見されている方の大多数は社会人で、かつ、何らかの会社勤めをしたことがある方だと思います。
会社勤めの最中、退職をしていった方が会社に関して呪詛のような言葉を残していった、脱サラした元同僚が借金地獄で苦しんでいる、そんな話を1つや2つ、聞いたこと、もしくはすぐそばで友人知人が当事者になったなど、そういう経験があるのではないでしょうか?それがそのイメージの原因かと思います。

ですが、独立開業の場合、退職の仕方によって、その後の運営が大きく変わってきます。
退職には少なからず不愉快な思いがつきまといますが、決して「喧嘩退職」などしないようにしてください。
その理由を下記でまとめてみます。

退職する会社も独立開業後のあなたを必要としている
独立開業を早期に軌道に乗せる最も確実な方法は、いま勤めている会社を最初の顧客にすることです。
これは、あなたが助かるだけでなく、あなたが辞める会社にも恩恵があります。
あなたの後釜が見つかるまで、あなたが継続して仕事を請け負ってくれれば、業務が滞りません。
元の会社は貴重な情報源
キレイに退職すると、独立開業した後に元の会社に遊びに行くことができます。
元の上司も「どうしている? うまくいっているか」と言ってくれるでしょう。
それが新しい仕事に結びつくこともありますが、しかし仕事にならなくてもいいのです。
元の同僚や上司と話すだけで業界の最新情報が入手できます。
独立開業すると情報源が絶たれます。そこで元の会社の人脈を残しておいて、
いつでも最新情報を入手できるようにしておいたほうがいいのです。

このように円満に会社を辞めた人ほど、独立開業後のビジネスは軌道に乗りやすいでしょう。
それは独立開業後のビジョンが明確だからです。
そのような人にとって、これから辞める会社はすでに過去のものであり、なおかつ独立後に協力できるビジネスパートナーになりえます。もめて辞めるわけがないのです。

「独立開業」に必要な【こと】や【もの】

上記の通り円満退職を行い、一足飛びでいざ開業!とは、実際にはいきませんよね。
独立開業には当たり前ですが、いわゆる書類的な手続きから、資本金、また、心が目などいろいろなものが必要となります。
逆にこれらを用意していなかったために失敗してしまうというのもよくある話です。なぜなら独立開業、起業した人のうち、50%は1年以内に廃業することになっているからです。
そうならないためにも、いくつかここでアドバイスを記載しておきます。

その業種で独立開業するには最低「〇円」かかります

法律の改正に伴い、資本金が0円でも開業自体は可能です。
ただ、もちろん運営資金がなければその日のうちに資金がショートしてしまいますよね?
あくまで当サイトの感覚値ですが、

  • 20万円で独立開業 → IT系フリーランス
  • 100万円で独立開業 → 英会話教室や横丁タイプの居酒屋
  • 500万円で独立開業 → 中古車販売や美容サロン

がぎりぎり可能なのかなと考えております。
もちろんその時々によりますが、最低限この程度の資金がないとかなり厳しい船出になると思います。

自分は独立開業の新人であるという心構え

「独立開業!これで一国一城の主だ!」と、やはり独立したばかりの際は思ってしまうことがあると思います。それが行き過ぎ、誰の言うことも聞かなくなってしまうと、すぐに迷走することになるでしょう。
独立開業すると、本業以外の雑事が大量にわいてきます。独立開業した人は、本業では競争力があっても、大量の雑事についてはまったくの素人です。例えば、技術で独立開業した人がいたとします。自分の技術は市場ですぐに売ることができるので、すぐに売り上げが立つようになるでしょう。しかしこの人は、経理も営業も総務も税務も素人です。独立開業では、本業と同じくらい、大量の雑務(この人にとっての経理、営業、総務、税務)が重要になります。
この人は多くの人から助言をもらって、大量の雑務をそつなくこなしていかなければなりません。この人が他人の言うことをきかない人なら、すぐに大量の雑務に押しつぶされて破綻してしまうでしょう。
もちろん、周りのいうことにすべてYESといってしまっていては、それもいけません。アドバイスの見極めも、独立開業後には必要なことといえます。

独立開業に必要なことや物は、本当に多岐にわたります。そのためここに書いたことは最低限の内容となりますが、忘れてはいけないこととして記載しておきました。

「独立開業」のリスク

ここまで独立開業を進め、よいことだ、準備をすれば大丈夫だと記載してきましたが、それでも独立開業にはリスクが発生します。

スキルの劣化
独立開業とは企業などの組織から離れることなので、普通にしていては最先端ビジネスにとどまることはできません。リスクが劣化すると、その業界の「一軍」で通用しなくなります。二軍から三軍、四軍へとステージを落としていくことになります。
下のステージに行くほど、エキサイティングで高額ギャランティの仕事は減ります。
仕事がなくなる
独立開業した人で、仕事がなくなるリスクにさらされない人はいません。2~3カ月忙しい日が続いても、突如「この街からクライアントが一斉に消えたのではないか」と思えるくらい、ぱったりと仕事依頼が途絶えることがあります。独立開業で個人ビジネスをしていると、一度に処理できる仕事量が限られるからです。多忙を極めると、新規の依頼を断らざるを得ません。
仕事の単価が下がる
同じクライアントとの付き合いが長くなると、値下げ要請を受けることがあります。業務がルーティン化したので、あなたでなくてもできるようになったからです。
もちろん、その仕事をルーティン化できるまでに整理したのはあなたの力量のお陰です。業務マニュアルをつくったのもあなたです。
それでも、陳腐化した業務のギャランティが下がっていくのは、世の常です。値下げを受けるか、その仕事を失うか、究極の選択を迫られます。
健康の不安
会社員時代は、定期健康診断がありました。そこで血液検査、尿検査、胃と肺のレントゲン検査、医師の診察を受けることができました。
ところが独立開業すると、誰もあなたに「健診に行きなさい」と行ってくれません。
また在宅業務で独立開業すると、人と会う機会が激減するので、健康に関する話題がなくなり、健康意識が低下します。
飽きとマンネリのリスク
独立開業するかどうか悩んでいる人や、独立開業したばかりの人は信じられないかもしれませんが、独立開業して安定経営が続くと、飽きたりマンネリを感じたりします。
飽きとマンネリは、実は独立開業した人にとっては深刻な問題です。
会社員より刺激があるだろうと考えて独立開業の道を選んだのに、そこにも退屈な日常が待っていたのです。

どうでしょうか?仕事がなくなるという、経済的な余裕がなくなるというリスクから、心身面でのリスクまで多様なリスクが考えられます。
その解決の一助のため、本サイトではフランチャイズをお勧めしようと思います。

フランチャイズって何? オーナーって誰?【とことんやさしく解説】

「フランチャイズなら簡単に独立開業できる」
そう聞いてやる気が出てきたものの、一体何から覚えていったらいいのかわからない、という方は少なくないでしょう。

フランチャイズの店は身近にたくさんあるものの、店でものを買うのと、店を運営するのとでは大違いです。
自分がフランチャイズの店を開いてビジネスを展開するには、覚えなければならないことがたくさんあります。
詳細は下層のページでもご紹介しますので、まずはざっくりですが、フランチャイズの全体像をつかんでおきましょう。
ここでは話をシンプルにするために、例外についてあえて触れないでおきます。

フランチャイズの制度を使うと、「商売の素人でも店を簡単に始める」ことができます。
そして「店を簡単に継続」させることができます。ただし、儲かったときに「利益を総取りできない」という欠点があります。

フランチャイズ契約は覚悟が必要。労働契約よりはるかに厳しい

先に厳しいことを書きましたが、やはり素人がいきなり商売を始める際には少なからず保証になるのが、フランチャイズという仕組みです。
もしあなたが、フランチャイズに加盟して独立開業しようとしているのであれば、「契約することの厳しさ」を認識しておく必要があります。
これまで会社員として働いてきた人は、雇い主である会社と雇用契約を結んできたはずですが、フランチャイズ契約はその雇用契約よりはるかに厳しい内容となるからです。

会社員の多くは「働いてお金をもらうことは当然」と思っているでしょう。
しかしそれは当然のことではないのです。
労働法という強い法律が企業に「にらみ」をきかせているので、ほとんどの企業は労働の内容がどうあれ、従業員を働かせたら賃金を支払っているのです。
そのため、労働者は労働契約についてあまり気にしなくても大丈夫なのです。

しかし法律上、フランチャイズ加盟店オーナーとフランチャイズ本部は対等の立場です。
加盟店オーナーだけを守る法律はありません。
すなわち、加盟店オーナーが寝ずに働いても、「契約書に書かれていない」の一言で無報酬になることもあるのです。
「そのようなことは聞いていない」が通用しない世界ですので、フランチャイズ契約についてはしっかり押さえておいてください。

フランチャイズ独立開業のメリットとデメリット

無事書類契約が済み、いざ開業!とその前に、もう1度フランチャイズのメリット・デメリットを確かめてください。
独立開業にあたり、それぞれ理想の独立後の仕事の仕方があったはずです。
もしかしたら、それから外れた内容になっているかもしれません。
一般的な内容ではありますが、今一度メリットデメリットの天秤にかけていただいて、ご自身がフランチャイズに加入するかどうかを判断してみてください。

フランチャイズに加盟するメリット

  • 助けてもらえる
  • 優れたビジネスモデルを使うことができる
  • フランチャイズのイメージを活用できる
  • 本部が仕事を教えてくれる
  • 経営の面倒をみてもらえる
  • 原材料費を安く仕入れることができる
  • 営業も広告も本部に任せ

フランチャイズを使わずに独立開業すると、すべて1人でやらなければなりません。助けはありません。そのため準備段階で疲れ果て、独立をやめてしまう人も少なくありません。しかしフランチャイズに加盟すると「本部」と呼ばれる企業が手取り足取りビジネスを支援してくれます。

フランチャイズに加盟するデメリット

  • 売上の上昇率ほどに利益は上昇しない
  • 自由がない
  • 必ずメリットを活用できるわけではない

この3つにデメリットは集約されます。

独立開業後、すぐに廃業する経営者にありがちな4つのポイント

独立開業、またはフランチャイズオーナーになりビジネスが成功すれば、サラリーマンでは味わえない財産・経験が手にできる一方、事業が失敗すれば借金まみれになる可能性も十分にあります。
ここでは、事業成果を向上できない、利益が出せない経営者にありがちなポイントをまとめていますので、これから独立開業する気があるのなら、いま一度、確認しておきましょう。

1.独立開業したはいいが、事業計画が全くない、あるのは理想だけ

独立開業する、フランチャイズオーナーになるということは、自分が事業を回さなければなりません。どんな方法で、いつまでに、どのくらいの利益を生み出すのか。
もちろん、フランチャイズ本部から情報をもらうことはできますが、それらを自分で考えない経営者にビジネスの成功はないといっていいでしょう。
この世の中には、24時間ビジネスのことを考え続け、いろいろな大切なものを犠牲にしながら利益を生んでいる経営者が数万といます。
独立するということは、そんなストイックな方々と同じフィールドに立つということ。理想は大切ですが、現実にも目を向けましょう。

2.独立開業後、情報収集ばかりで行動に移せない

事業成果を上げるためには、マーケット(市場)、コンペチター(競合)、カスタマー(消費者)などの調査が欠かせません。
しかし、本来の目的である「製品やサービスを提供してお金をもらう」という仕組みを忘れてしまうと、資金がショートし、気づいたときには回復不可能な状態に陥ります。
情報にかける時間と行動するタイミングは紙一重ではありますが、勇気をもって飛び込むことも時には大切です。

3.自分の独立は絶対に成功すると考え、リスク分散をしない

絶対に成功”させる”と意気込むことはとても大切です。その気持ちが事業成功のためのモチベーションや苦しいときの栄養剤になります。
しかし、絶対に成功”する”と過信するのはNG。例えその事業がブルーオーシャン戦略(競争のない未開拓市場)だったとしても、リスクの分散はしておきましょう。
ある程度の資金を確保しておけば、やり直しが効きます。この世に”絶対はない”と肝に銘じておくことが大切です。

4.税金についての知識不足

独立開業するということは、これまで企業が管理・処理してくれていた税処理を自分で行わなければなりません。
また、収入や控除等によっても変化しますので一概にはいえませんが、税金と一口にいっても、さまざまなな種類があります。

【個人事業主の場合】

  • 源泉所得税
  • 消費税及び地方消費税
  • 所得税
  • 個人事業税

【法人の場合】

  • 消費税及び地方消費税
  • 源泉所得税
  • 法人税
  • 法人事業税
  • 法人都道府県民税
  • 法人市民税
  • 償却資産税

その他に、節税対策といった知識も必要不可欠でしょう。「税理士を雇えばいいじゃん」と思うかもしれませんが、独立開業すぐに税理士を雇えるほど、ビジネスは甘くありませんし、仮に雇ったとしても基礎的な意味を知らずして、会話はできません。
ある程度の知識は学んでおく。これも、廃業しないための重要なスキルです。

結局は独立開業してみないと分からない!

というように、独立開業後すぐに廃業してしまう経営者にはいくつかのポイントがありますが、さきほど”絶対はない”とお話したように、廃業するかしないかなんて結局は独立してみないと分かりません。
ごく普通の仕事すらまともにこなせないサラリーマンが、意外なところで能力を発揮し、大企業を創り上げたヒューマンストーリーがあるように、私たち人間は意外と自分のもつスキルを知らないものです。
また、究極な話ではありますが、例え廃業したとしても、「そのストーリーのなかで手に入れた経験は独立開業した経営者にしか得られないもの」ではないでしょうか。

まずはスタートしてみる。もしかすると、その勇気ある一歩がこの先を変えるたった一つの手段なのかもしれません。

まとめ それでも、フランチャイズで独立したいという皆様へ!

ここまで、独立開業、フランチャイズに関して、まずはとっかかりとなることをまとめてきました。
ここでもし何か後悔が発生するようでしたら、独立開業やフランチャイズには待ったをかけた方が安全です。
ですが、これを見たそのうえでフランチャイズに入りたいと考えているようでしたら、ぜひ本サイトを熟読いただければと思います。
本サイトでは特に無資格未経験をキーワードにおすすめのフランチャイズの情報、また独立開業に関するtipsをまとめています。必ず皆様のお役に立てると考えておりますので、ぜひご覧いただければ幸いです。

それでは、皆様の独立開業後や、フランチャイズ開業後の人生がより良いものになることを願っています。